斜視点・壬生の狼[新撰組]

  • 2017.12.02 Saturday
  • 21:15

でも、やっぱり[天然理心流]を習いたかった

僕が【家主】の中山手 線です。

 

さてさて、

[斜視点]とタイトルに書いたのは、

ネットで見ても、誰もが詳しく説明している[新選組]に対して、

僕が、今さら[新説]や[異説]を書くためではなく、

彼らが なぜ? 壬生の狼と呼ばれたのか?」に対して、

ちょっと書き残しておこうかな?なんて考えた次第です。

、、、ってね!

 

 

ではでは、

・幕末最強の武装集団!

・向かうところ敵無しの剣術の超達人集団!

・幕末最強の剣士たち!

などと言われてはいるけれどね。

 

実のところ、[新選組]​の隊士は、

相手1人に対して、5〜10名で襲うのが基本なのを知っているでしょうか?

まぁ、だから[壬生の狼]と言われる所以なんだけどね。

 

当時、[人斬り]と恐れられた

・岡田以蔵

・中村半次郎

・田中新兵衛

・河上彦斎

・佐々木唯三郎

 

彼らの暗殺は、

[新選組]のように集団ではなく、

あくまでも、たった一人でおこなう暗殺なので、

基本は[一対一]

それも、アクシデントがない限りは、

正面から相手を斬っている

 

そう!

新選組のように[後ろ]から斬りつけはしない!

だまし討ちなんてしない!

 

えっ?

マジ??

知らなかったですか?

 

特に[新選組]内でも、[人斬り]と恐れられた

・大石鍬次郎

・斉藤 一

 

だけど、彼らが1名で[人を斬る]時に共通している条件は、

〜蠎蠅鯏タ譴気擦道損Δ垢襦

⊃温みを確認して襲う。

C舂匹なった振りして

 突如、後ろから不意打ちをする。

 

そして、彼らが集団で襲う時の条件

〜蠎蠅鯏タ譴気擦襪、

 泥酔している時を襲う。

⊃温みを確認して襲う。

まずは、後ろから不意打ちをかけ、

 致命傷を負わせた後に、正面からとどめを刺す。

 

この3原則が彼らの

[暗殺の掟]だったよう。

 

 

ではでは、

・幕末最強の武装集団!

・向かうところ敵無しの剣術の超達人集団!

・幕末最強の剣士たち!

と言われている彼らが

どうしてそんな卑怯な手を使っていたのか?

ご存じだろうか?

 

それは、彼らの流派である[天然理心流]は[抜刀術・居合術]ではなく[剣術]だったという事。

つまり、[抜刀術・居合術]ではないので、[初太刀]で人を斬殺できないということなのだ。

逆に言うと、相手が[抜刀術・居合術]であるのであれば、相手の[初太刀]を外せば

彼らの撃剣の実力が存分に発揮できるという事。

あっ、[初太刀]を外すことができれば!の話。

 

さて、幕末の時代

[暗殺剣]は、[剣術]よりも[抜刀術][居合術]の方が恐れられていたらしい。

故に、[剣術]以外に、[抜刀術][居合術]を習得している武士も多く存在し

[新選組隊士]それぞれの実力も、相当なモノだったとは思うけれど、

彼らが相手1人につき5〜10名で襲ったという事は、

それほど相手が手強かったようだ。

 

 

最後に

[新選組]がそれほど恐れていた[抜刀術][居合術]だが、

にも関わらず、彼らの練習科目に[抜刀術][居合術]は含まれていない。

・砲術[西洋式鉄砲・大砲]

・撃剣[剣術]

・槍術

・馬術

・柔術

 

なぜだろう??

 

それはやねぇ〜!

彼らの仕事は、[暗殺]ではなく、

[不逞浪士の取締りと市中警備]だから、

彼らに[抜刀術][居合術]は必要なかった!わけやね。

 

 

それにしても、

 

1人を集団で襲うのは、

 

まさに[狼]でござる!

 

 

では、寝ることとする。

[楠木正成]の出自

  • 2017.11.26 Sunday
  • 08:16

近頃、色々な文書が発見され、

過去に習った歴史や定説に多大な影響を与えるとともに、

新たな新説が浮上したりし、

ならば!我が実家のヒーロー[大楠公(楠木正成)]の新説でも書いてみるか!

なんて僕が【家主】の中山手 線です。

 

さてさて、[楠木正成]と言えば、

南北朝時代、後醍醐天皇を奉じて鎌倉幕府の倒幕に貢献し、

[建武の新政]で足利尊氏赤松則村(円心)らと共に天皇を助けたことで有名な武将なのだ!

 

ただ、彼の出自には諸説あり、

[1]河内国の土豪説

[2]悪党・非御家人説

[3]北条得宗家の被官・御家人説

の3つがあり、この内、どれが事実なのか?

もしくは、事実に近いのか?を数年かけて調べてきた。

 

[1]~[3]まで1つづつ説明をすると、かなりの文字数になるので、

ザックリ書くと、[3]の[北条得宗家の被官・御家人説]が一番近いと僕は考えている。

その理由はと言うと、、、

 

鎌倉時代、当時の武士を鑑みると、

その氏で[独立した家]は、鎌倉幕府から与えられた荘園や地頭の領地を苗字として名乗る。

例えば、毛利氏の場合、鎌倉幕府創業以来の功績者である[大江広元(本姓・大江氏)]の

四男[大江季光]が[相模国愛甲郡毛利荘(現在の神奈川県厚木市周辺)]を[本貫]とした事による。

さて、この[本貫]とは何か?って簡単に書くとね。

 

[本貫]とは、現代でいうと戸籍謄本の本籍地をその土地にすること。

律令制では、氏族集団の発祥の土地をさす。が本貫の意味とされております。

 

従って、[大江季光]の場合は、[毛利荘]に本籍地にうつしたので[毛利季光]と名乗り、

彼の嫡流と言われる子孫は、[毛利]を苗字とした!と言うことだ。

あっ、ちなみに鎌倉時代での[毛利]の読みは、[もうり]ではなく[もり]と読みます。

 

そして、ここは簡易的な説明ですませるけれど、

[毛利季光]の孫にあたる[毛利時親]が安芸国高田郡吉田荘と越後国刈羽郡佐橋庄、

南条庄を領していたが、安芸国高田郡吉田荘に移り住んでからは、

本家は本貫を[相模国毛利荘]においたままなので[毛利氏]を名乗り、

分家は、本家領地の周辺の土地を相続し、その相続した土地を本貫とした為に、

分家は、広島県安芸高田氏吉田町吉田村近辺の在地名を苗字とし、

同じく、越後国刈羽郡佐橋庄、南条庄周辺の在地名を苗字として名乗った。

例えば、毛利元就時代に活躍した桂氏坂氏福原氏志道氏等がそれ。

また、上杉謙信時代に活躍した北条氏安田氏南条氏等がそれ。

 

つまり、楠木氏の場合、

北条得宗家の所領であった駿河国楠木村に北条得宗家被官が居住し、

本貫としたことが考えられる。

※被官=北条家に仕える武士

 

なぜ?そのように考えられるかと言うと、

何かしらの事変(霜月騒動か?)があり、楠木氏の所領である駿河国楠木村が

 鶴岡八幡宮に寄進され、[楠木正成]の父親である[楠木正遠]と彼の嫡男である

 [楠木正俊(俊親とも伝えられる)]は、鎌倉の地で亡くなっている事。

長崎氏の本家である北条得宗家内管領[平頼綱]が

 鎌倉幕府最後の有力御家人である安達氏を滅ぼした[霜月騒動]か?

 それとも [平禅門の乱]か?、は確証を得ていないが、

 元服前(成人前)の[楠木正成]およびその兄弟[姉、妹、正季、正家、正氏]、

 そして、彼らの叔父[楠木正康][楠木高遠]達が[毛利時親]の隠居領近くの

 安達氏所領であった観心寺領へ移っている事。

[毛利時親]が、彼の隠居地である[河内国加賀田村]と資料には書いているけれど、

 実際は[加賀田]ではなく、もっと山深い[唐久谷(現在も邸宅は現存)]と言う場所。

 個人的には、よく友達と夜に肝試しに良く行った場所に近いが、

 とにかく相当な山の中なのだ。

 ちなみに、我々の小学校は[加賀田小学校]です。

 話がそれてすみませんでした! さて、そんな山の中に[毛利時親]は邸宅を構え、

 その場所に少年[楠木正成]は毎日通い、大江流兵法を習っていたとの事。

 どのような理由で、[毛利時親]と[楠木一族]の親交があったのか?は不明だが、

 おそらく,了変の折り、[毛利時親]と正成の父[楠木正遠]との間に何かしらの親交があり、

 その伝手を頼って、落ち延びたのだろう。

[楠木正成]がまだ[多聞丸]と名乗っていた少年のころ、

 山深き[毛利時親]邸へ毎日通っていたのは上記に書いたが、

 ある日、野党に矢を射かけられて襲われ、その場で伏して難を逃れた!

 という場所に[矢伏神社]という本当に小さな神社がある。

 僕の友人の実家の家の前にあるのだが、これは神社と言うよりも[祠(ほこら)]に近い!

 その友達と「伏せるぐらいなら杉の木に隠れるけどな!」って言うぐらい

 大木とは言えないが、中学生が隠れるぐらいの杉の木が何本も立ち並んでいる場所なのだ。

 あっ、僕らが中学生になる前だったから、今から41~42年前だけど、、、

[毛利時親]の正妻が、当時最大の権力者であった北条得宗家内管領の

 [長崎円喜の妹]であること。

 また、彼[毛利時親]は[長崎円喜]を嫌い河内国の加賀田村へ隠棲した事実があること。

 ちなみに、鎌倉幕府末期(14代執権・北条高時から16代・北条守時迄)の

 北条得宗家外戚として権勢を強めた[安達時顕・高景 / 父子]がいる。

 その[安達高景]は[長崎円喜の娘]を娶っているので、

 [毛利時親]とは義理の叔父・甥の関係になる

 この関係を鑑みると、[楠木正成]一族が安達領の観心寺に移った所以も想像できる

[楠木正成]が幼少の頃に住んでいたとされる観心寺は[霜月騒動]の折り、

 安達氏から北条得宗家の所領になっている

 但し、管理は[安達時顕・高景]父子がおこなっていたようである。

С倉幕府滅亡前に、[楠木正成]は、北条得宗家・北条高時の命により、

 反幕府勢力の摂津国渡辺党を打ち滅ぼしている事実があること。

┃同様に、北条高時の命により、紀伊国湯浅氏を打ち滅ぼしている事実があること。

鎌倉幕府六波羅探題の命により、大和国の越智氏を撃滅している事実があること。

楠木氏と同じく、北条家家人の[赤松則村(円心)]の正妻が[楠木正成の姉]であること。

 また、[赤松則村(円心)]は、[楠木正成]と共に後醍醐天皇に味方をし、

 ほぼ同時期に倒幕の挙兵をしていること。これは偶然ではないと思われるが如何に!。

 

ただ、楠木氏と赤松氏の違いは、同じ北条家の家人(被官)でも、

楠木氏 ➡ 北条得宗家被官:北条得宗家の家人であり鎌倉幕府御家人でもあった。

赤松氏 ➡ 北条家被官:北条氏分家の家人。

そういう面からすれば、後醍醐天皇から[]の家紋を下賜された[楠木正成]だが、

[赤松則村(円心)]は、何も下賜されていない

つまり、[足利氏]と[新田氏]であれば、同じ[清和源氏]でも、

血統からすれば[新田氏]の方が[源氏嫡流]に近いとしても、

鎌倉時代を通じて、北条得宗家と姻戚関係を結び、幕府の要職を担い、

朝廷からの官位も受けていた[足利氏]の方がランクが上でかつ、

清和源氏嫡流あったように

 

同じ[北条氏]の被官(家人)とは言え、

血統からすれば[村上源氏]出身の[赤松氏]の方が上だけれども

北条得宗家被官(家人)の[楠木氏]は、

[赤松氏]よりもランクが上であったということである。

 

以上の事を踏まえて考えると、

[楠木正成]の出身地は、北条得宗家被官(家人)であり、

出自は[駿河国楠木村]と言うことになる。

 

当然、本貫の地である[楠木]を苗字としている為、

(河内国のどこを探しても[楠木]という地名は無い)

本家は本貫の地(駿河国楠木村)を苗字として名乗ってはいるが、

叔父や弟たちは[分家]として、河内国の各所を本貫の地とした為、

[和田氏]や[石川氏]、[橋本氏]、[神宮寺]等の河内国の地名を苗字として名乗ったわけである

また、[楠木正成]の譜代の家臣として、[宇佐美正安]という人物が登場するが、

[宇佐美氏]は、伊豆国宇佐美荘を本貫とする氏族

つまり、[楠木氏]の本貫の地とは、かなり近い場所であり、

また、[宇佐美氏]も[楠木氏]同様、北条得宗家の家人でもある。

楠木一族に[和田]を名乗る人物が特に増えだしたのは、

 湊川の戦い以降で、[楠木正成]及び一族18人が亡くなった後からで、

 理由として考えられるのは、楠木一族の所領減少が問題であり、

 多分、和田の所領しか残らなかったのだろう。

 石川や神宮寺、橋本は、北朝勢力に取られてしまったと考えられる。

 

 

 

最後に(おまけ)

 

楠木氏と言えば、菊水の家紋

菊水の家紋と言えば、楠木氏

 

が、[楠木正成]が後醍醐天皇から[]の家紋を下賜されるまでの

楠木氏の家紋は何だったのか?

これは以外に知らない人が多いと思う。

実は、この家紋なのだ!

[山吹に流水]

この家紋が本来の楠木氏の家紋だったようだ。

 

後醍醐天皇から[菊のご紋]を下賜された折り、

[山吹]を[]に入れ替えて[菊水の家紋]を考案したと思われる。

 

通説では、

天皇から家紋を下賜された際、あまりにも恐れ多いからと[菊]を半分に、

半分を[水]にしたことで生まれた家紋と言われている。

 

が、よく考えて欲しい。

恐れ多いからと[]を半分にすることは理解はできるが、

どうして残り半分を[水]にしたのだろうか?

その[水]は、どこからきたのだろうか?

そんならちのないことを何十年も考えてきたけれど、

 

そもそもの[楠木氏]の家紋はなんぞや?って考えて、

色んな文書を読み、探して、ようやく辿り着いてみたら、

[山吹に流水]の家紋だった!

 

あっ、[山吹]を[菊]と入れ替えただけなのね!

 

単純だけど、

これで[菊水]の紋が生まれた理由が解ったのだ!

 

そうそう、

そもそも楠木氏の本姓は[橘氏]とされる。

この[山吹に流水]の家紋は、[橘諸兄]が好んだとされる[山吹]と[流水]を

組み合わせた家紋との事。

橘氏の家紋は[]だが、橘氏の傍系でも[山吹に流水]の家紋を使っている氏族はすくないという。

 

では、寝ることする。

練習で使う居合用模造刀

  • 2017.10.22 Sunday
  • 18:31

台風が来るらしく、昨日から大雨で暇なので、

居合用模造刀の手入れでもしようと考えた僕が【家主】の中山手 線です。

 

以前に、僕の所有している居合用模造刀を紹介したことがあったんだけど、

あの頃は、道場に通い始めたばかり、

つまり、居合道や日本刀等の知識なんて[さっぱり無かった]ので、、、

なんて書いても、今もまったく無いんだけれど、

今、僕が日々の練習で使用している[]をメモしておきたいと思い。

ちょっと、この場にアップさせて頂きます。

 

・刀名:美濃兼国正直(写)

・用途:道場練習用

・拵え:肥後拵え

・刃文:直刃

・刀身:樋あり薄口刀身

・刀身の全長:82.8cm[2尺7寸3分]

・刀身の刃長:77.5cm[2尺5寸6分]

・刀身の刃渡:75cm[2尺4寸7分]

・ハバキ:2.5cm

・刀身のみの重量:846g

171022-132541_R.jpg

 

いわゆる[2尺5寸]の[刀剣]と言えば、

この寸法の[]の事を言うらしい。

居合刀なんて、どれが自分に合っているのか?なんてわからないから、

所属する会派の会長に同行して頂いて購入したんだけれど、

僕の身長にあわせると一般の方より2cmほど長いらしい。

にしても、腕が未熟なのか?刀が長いのか?はわからないけれど、

当初、抜刀も納刀もうまくいかずに難儀してました。

えっ?、今ですか?

一応、毎日、朝5時30分に起床して1時間練習!

就寝前に1時間練習しているので、

何とか形になってきました!

171022-132817_R.jpg

 

この[]は、基本は道場での練習でしか使っていない。

自宅で使用するのは、[素振り]で[素振りの確認]をする時。

日本刀(居合刀や居合用模造刀)の振り方と

剣道の木刀や竹刀の振り方は、

まったくもって振り方が違ってて、

未だに悩んでいる次第!

171022-132642_R.jpg

 

下の写真を見てもらうとわかる通り、

刀身の部分に[]というモノが入っており、

この[]とは、刀を剛性を高める為に[スジを入れている]らしいが、

この[]が入っていると、正しく素振りができた時には

 

ビュン!

 

って、とっても気持ち良い音がするんだよね。

(正しくない時も「ビュン」って音はするけど、

正しい振り方をした時の音とは、まったく違う音

 

だから素振りが楽しくなるんだけど、

でも、未だに[素振り]に悩んでおりますです!

あっ、因みに、先生や先輩たちは、[樋の音に騙されるな!]と言われますが、、ね。

171022-132711_R.jpg

 

いやぁぁ~!

惚れ惚れする美しい切っ先です。

居合用模造刀なので、[]は入っていないんだけど、

納刀の時に何回か失敗して、左手に突き刺さっちゃって血が出て痛かった!

[刃]が入っていなくても、やっぱ危ないね!

171022-132735_R.jpg

 

 

・刀名:美濃熊刀剣

・用途:自宅練習用

・拵え:肥後拵え

・刃文:直刃

・刀身:樋あり薄口刀身

・刀身の全長:82.5cm[2尺7寸2分]

・刀身の刃長:76.5cm[2尺4寸5分]

・刀身の刃渡:74cm[2尺4寸5分]

・ハバキ:2.5cm

・刀身のみの重量:870g

171022-133119_R.jpg

 

こちらは、自宅練習用なのだ!

道場練習用とは違って、1cm短くて、約30gほど重たい。

たかが[1cm短い]って言っても、抜刀、納刀の時はズイブン違う!

抜刀しやすく、また、納刀しやすい!

つまり、扱いやすい刀なのだ!

171022-133307_R.jpg

 

じゃぁ!

こっちの刀を道場練習用も兼ねて、一つに纏めりゃぁいいじゃん!

なんて考えたことあるんだけれど、

まぁ、[1cm長い道場練習用]を、より扱いやすくする為の補助刀なので、

まずは、この刀を使いこなせてナンボ!なんて考えてますです!

171022-133349_R.jpg

 

毎日の練習で使っているのはこの刀なので、

[]の部分が色褪せてきてます。

というのも、、、、

[日本刀の握り方]と[剣道の握り方]も、

まったく違うのです

少年時代、剣道もやっていたので、

当初は、どうしても剣道の握り方のクセが取れず、

最近、やっとそのクセが修正されてきました。

でも、無意識で握ると[剣道の握り方]になっちゃうんだよね。

困ったもんだ!

171022-133137_R.jpg

 

先日、道場に練習に行った際、

僕の同期(同じ日に入門した方)が、

本身(刃の入っている日本刀)を購入したらしく、

[試し切り]にハマっているとの事。

「中山手さんも本身を購入して、一緒に試し切りしましょうよ!」

「面白いですよぉ~!」だって!

 

でもね。

本身の日本刀って、一振り60~100万円もするんだぜ!

彼が購入した本身は75万円だったらしい!

僕に買える金額じゃない!

ちなみに、Wifeに相談すらできない額だ!

100%殺されちゃう!

 

それに、趣味の包丁研ぎですら、研いだら試しに切りたくなるしさぁ!

まして、日本刀なんて研ぎにだしたら1回20~30万円だっていうし、

もったいないから自分で研ぐんだ!って

頑張ってみたら[刃がボロボロ]になりそうだし、、

 

僕は精神修養です!

 

171022-133201_R.jpg

 

 

この美しい輝き!

 

僕はこれでジュウブンなのだ!

 

171022-133209_R.jpg

 

この自宅練習用の刃先もキレイなのだ!

ちなみに、この居合刀は新古で譲ってもらいました。

前に持っていた方は、夢想神傳流という居合流派をやられていた方で、

1年前に始めたらしいんだけど、仕事上の都合でやめられたとの事。

持っていても仕方ないからと彼の申し出金額[2.5万円]の半額以下で譲って頂きました。

ちなみに彼の購入金額は[3.3万円]だったそうです。

 

ラッキーなのだ!

 

171022-133221_R.jpg

 

・刀名:摂州池田鬼神丸国重(写)

・用途:素振り用

・拵え:新選組 斉藤一拵え

・刃文:浪刃

・刀身:樋あり厚口刀身

・刀身の全長:81cm[2尺6寸7分]

・刀身の刃長:76cm[2尺5寸]

・刀身の刃渡:73.5cm[2尺4寸2分]

・ハバキ:2.5cm

・刀身のみの重量:925g

171022-132022_R.jpg

 

この居合刀は重い!

同田貫と変わらない重さだ!

だから、これで素振りをすると、

非常に疲れるのだ!

 

それにこの刀は、ちゃんと素振りができていないと音が鳴らないから、

鳴ったら嬉しいけれど鳴らない回数の方が断然多いので困る。

171022-132343_R.jpg

 

居合を始めた何の知識もない頃、

新選組3番隊 隊長の[斎藤一拵え]と言うことと、

居合の素振りにどうぞ!ってことでオークションで落としたんだけど、

今になって思えば、この居合刀と呼ばれる模造刀だけど、

居合刀じゃないんじゃね?って思う。

 

この柄を見てみても、??って思う。

なぜなら、居合刀の[柄巻(絹などを巻いている)]は緩むことなんて、まずない!

また、ハバキ(鍔と刀身の間にある金具)がちゃっちい!(銅じゃない)

その他にも色々あるけど、

やっぱ知識のないモノは、

オークションで購入してはダメだ!

 

Wifeの手前、

失敗しました!なんて、絶対に言えないから

一応、素振り練習の時は、一緒に携えて持って出てるけど、

[居合刀]でなく[美術刀]だったら刀身が抜けてしまうことがあるらしいので、

素振りの形を確かめる為(本当にゆっくり)と2回程度しか使わない。

171022-132100_R.jpg

 

この丸みをおびた刃先を見て鑑みるに、

やはり、この刀は[美術刀]かもしれないな。

 

今度、オークションで売っちゃおうかな?

って言っても、オークションでモノ等を売った経験がないので、

どうすれば良いんだろう??

171022-132147_R.jpg

 

なんて書きましたが、

今、練習で使っている居合刀は、上記の3振りになるけど、

実際に使っているのは、

大満足している2振りです。

 

そうそう!

過日から[新陰流][夢想神傳流]等の本を読み漁っているんだけど、

[正眼の構え]と言っても、剣道と同じ中段の構え[正眼の構え]もあれば、

流派によって、まったく違う[正眼の構え]の構えもある

[構え]ですが、同じ読み方でも構え方は、各流派マチマチ!

 

それと一番の驚きは、

各流派、抜刀と納刀のやり方が違うこと!

(現在、調べている5流派は、5流派すべて違う)

 

ちなみに、僕が所属している[無外流]では、

TVや映画の時代劇のような[抜刀][納刀]のやり方はしない。

時代劇のような[抜刀][納刀]方法なら見栄えも良いし恰好良いんだけどなぁ(笑)!

 

ジョーダンです。

 

では、寝ることとする!

宮本武蔵への疑問

  • 2017.10.17 Tuesday
  • 22:50

実は、宮本武蔵が大好きな

僕が【家主】の中山手 線です。

 

過去に[宮本武蔵の実像]というモノをアップしたけれど、

アクセス数がかなり多いので、

もう少し違う視点からみて、

再度、宮本武蔵への疑問を投げかけてみたい。

 

なぜならば、

彼が生きた時代の数多い剣豪の中で、

宮本武蔵ほど色々な面で[不思議(疑い)]の多い人物]も少ないからだ。

 

まず、

彼が若い頃の剣術流派は、[当理流]

これは彼の父と言われている[新免無二][当理流]だからだ。

 

そして、いつ頃なのかは明確ではないらしいが、

その[当理流]を、彼なりに発展させて[円明流]という流派を興し改めたらしい。

また、その[円明流]を発展させて[二天流]を興し改め、

最後には、[二天流]を色々な面から纏めて[二刀一流]、最後には[二天一流]へと改めている

 

ちなみに、彼の流派を色々調べてはいるけれど、

調べる度に先に書いた通りではなく、

ある書物によれば、[円明流]⇒[二天一流]になっていたり、

彼が起こした流派名の組合せは色々と異なる。

が、結局は、彼が亡くなる晩年には、[二天一流]におさまったみたいなのだ。

彼がもう少し長く生きていたら、また、流派名が変わっていたかもしれない!

と思うのは僕だけだろうか??

 

つまりだ!

剣豪多し!と言えども、

彼ほど、自身で興した流派名をコロコロ変えた剣豪も珍しい!

それも、名前だけではなく、

僕の知る限りでは、同じ人物が興した流派なのに、

名前が変われば、刀術の内容も異なる!というのも珍しい!

本当に不思議だ!

 

次に、彼が誇示している[強さ]だ!

彼自身が晩年に書いた[五輪書]よると

「我、若年の昔より兵法の道に心をかけ、十三にして初めて勝負す。

その相手、新当流有馬喜兵衛という兵法者に打ち勝ち、

十六歳にして但馬国秋山という強力の兵法者に打ち勝ち、

二十一歳にして都に上り、天下の兵法者に会い、

数度の勝負を決すと言えども、勝利を得ざるという事なし。

その後、国々、所々に至り、諸流の兵法者に行き会い、

六十余度まで勝負すといえども、一度も、その利を失わず、

その程、年十三より二十八、九までの事也」

と書いている。

 

つまりだ!

この六十余度の対戦者の中で、

明確に名前を書いている人は、[新当流・有馬喜兵衛]のみで、

その有馬氏以外では、[但馬国秋山]という強力の兵法者と言うことになる。

 

となると!

講談で書かれている[巌流・佐々木小次郎]との勝負が真実とするのなら、

[巌流・佐々木小次郎]は、[新当流・有馬喜兵衛]よりも無名であり、

名前を書く程でもない剣豪だったことになる。

 

でも、[佐々木小次郎]は、

中条流の免許皆伝を許された古文書(免許皆伝そのもの)も存在するし、

実際に、彼に免許皆伝を渡した[鐘巻自斎]も有名な剣豪で、

その[鐘巻自斎]に免許皆伝を渡した[富田勢源]剣豪を通り越して剣聖に等しい

 

が、[有馬喜兵衛]という剣豪に至っては、一切、不明の人物なのだ。

[宮本武蔵]と年代が近く、[塚原卜伝]が創始した新当流の流れをくむ剣豪を探してはみたけれど、

これまた一切、見当たらない。

強いて書くと、[有馬大和守乾信]その養子である[有馬満盛]その子[有馬満秋]の3名。

が、この3名。

共に、剣豪としては有名な方で、彼達が[宮本武蔵]と勝負をしたとするのであれば、

少なからず、[宮本武蔵]は、徳川紀州藩の剣術師範になっていたはずなので、

この3名の[有馬氏]とは関係ないと思う。

ちなみに、[有馬大和守乾信]その養子である[有馬満盛][徳川家康]に新当流の奥義を伝授し、

その子である[有馬満秋]は、徳川紀州藩の剣術師範となっている。

 

[宮本武蔵]

少なくとも、この僕なんか足元にも及ばない

桁外れの強さをだ!とは認識している!

けれど、彼に対する僕の疑問は、

どうして、彼は自分が生きたその時代な中で、

有名な剣豪と勝負をしなかったのだろうか?

 

将軍家指南役の[柳生宗矩]は、立ち合いが禁止されているので無理だとしても、

彼の時代、現代になっても名前を残している剣豪は30名を超える。

因みに、彼とはほとんど同年代で、しかも同じ二刀流の[山口流・山口卜真斎]

その他でも、[新陰流・木村助九郎]や、[一刀流・小野忠明][無住心剣流・針ヶ谷夕雲]

[直心流・神谷伝心斎]等の当時でもチョー有名な剣豪はいくらでもいた!

が、宮本武蔵が、そのような剣豪達と立ち会った記録はどこにもない。

唯一あるのは、彼が晩年にさしかかる前、尾張国に留まったおり、

あやつが宮本武蔵。できる奴!」と尾張柳生の[柳生利厳]が、

[宮本武蔵]すれ違いざまに思ったという記述が尾張柳生の文献にあるらしいとのこと。

が、ただ、その記述は何百年後かに誰かが書いた文献で、

[柳生利厳]自らが書き残したモノではないらしい。

(僕自身が、実際に目にしていないので、何ともいえない)

 

宮本武蔵

彼は自分自身で[日本一の剣豪]と言い残しながら、

同じ時代で、しかも年齢的にも近く、

彼よりも有名な剣豪とは、誰一人立ち会っていないのが、

僕の彼への疑問なのだ!

 

ならば、

「俺は日本一の剣豪だ!」なんて

豪語しなきゃ良いのに!

なんて思ってしまう!

 

まぁね。

正直、当時の剣豪の方々の数や情報量を考えると、

有名な剣豪の方と勝負するチャンスは、

なかなか得ることができなかった!とは思うんだけれどね。

 

でもね。

せめてね。

1人で良いからね。

著名な剣豪の方との交友軌跡等は残して欲しかったな!

??!

僕がまだ知らないだけかな?

 

 

では、寝ることとする!

剣豪についての所感

  • 2017.10.16 Monday
  • 22:02

居合道を始めたばかりの超未熟者である

僕が【家主】の中山手 線です。

 

ではではと、、、

歴史をちょっと調べてみると、

わが国に発生した幾千もの剣術流派(途絶えた流派を含め)は、

下記の3流派を[遠祖]としているみたいだけれども、

現在、大きくわけると[3流派]に大別される。らしい。

 

[遠祖]

天真正伝香取神道流(飯篠長威斎家直)

陰流(愛洲移香斎久忠)

念流(念阿弥慈恩=相馬四郎義元)

 

[大別される3流派]

天真正伝香取神道流(飯篠長威斎家直)

 ■代表的な剣聖:新当流 / 塚原卜伝

陰流(愛洲移香斎久忠)

 ■代表的な剣聖:新陰流 / 上泉伊勢守信綱

中条流(中条兵庫助長秀) ※中条流は念流から分派した流派

 ■代表的な剣聖:一刀流 / 伊藤一刀斎

171007-162534_R.jpg

 

さてさて、、、

その剣術の遠祖達から江戸初期までの[剣豪]と言われた方を調べてみた。

つまり、年代的には、

室町時代初期(1350年)から江戸時代初期(1600年)までの[250年]

 

この250年の中で、歴史に名前を残した剣豪は[130人]ほど!

ざっくりの調べて130人だから、ちゃんと調べたらその倍以上になるかも?

ってことは、当時の日本って広かったんですね!

 

そりゃそうだ!

今の時代と違って、情報伝達が未熟な時代。

鹿児島県で有名な剣豪が、北海道で有名な剣豪を知る由もない!

淡路島一番の剣豪が、新潟県の佐渡ヶ島一番の剣豪を知る由もない!

そんなことを考えたら、どれだけの剣豪がいたのか?と思う。

 

歴史に名前を残した剣豪は、

自らが極めた剣術をもって[就職活動]をしたので、

その国や藩の記録に名前が残っているが、

富や名声を欲しなかった剣豪もいたのではないか?と思われる。

 

なぜなら、

剣術をもっての就職活動と言うのは、

当時、[負ければ、即、死]に直結していたし、

剣術と哲学も直結していて、

悟りを得ると富や名声を求めない剣豪もいたはず!なんて考える。

 

あっ、

急に話が変わってしまうが申し訳ない!

 

そもそも、何についても例外はあるが、

通常、どんな剣豪でも、戦(いくさ)をはじめ、人を斬る行為の場合、

実際に斬れる人数は[2人]といわれている。とのこと。

[3人目]は、[息切れ]と[刀の刃こぼれ]と[血糊]で、

相手を傷つけるのがやっとだったらしい。

 

これはこの話を居合道の師範から聞いた後、

「ちょっと試してみるかい?」となり、

実際に試して頂いたんだけどね。

 

まず、斬りかかってきた相手の[刀の刃]を

こちらの[刀の刃]で受けるとどうなるのか?という話。

 

TVや映画の時代劇では、火花が散って滑っているけれど、

実際には、[刃]に[刃]が食い込んで、

滑るどころか、まったくもって動かない!

 

どうしてだぁ???

お互いの[刀の刃]が食い込んでるもんだから、

食い込んだ位置で固定されちゃてて動けない!

それでもって相手が[力技]で押さえ込んでくるもんだから、

こっちも負けじと[力技]で押し返してしまう

この攻防を続けるしかないのだ!

 

でも、その食い込んだ[刃]を外す方法として、

自分の[刀]を寝かせて、食い込んだ[刃]を外し、

相手の[刀]を、自分の刀の[鎬(しのぎ)]をつたって流していく、、、。

が、未熟者の僕などは、自分の[刀]を寝かせた瞬間に[力負け]してしまう。

 

まぁ、剣豪ならこんなことはいとも簡単なんだろうけど、

いずれにしても、たったこれだけの単純な動作というか、

この攻防ですら、僕の想像を超えた体力を消耗し、

ヘロヘロになってしまう。

つまり、これが斬り合いなら、次の瞬間にお陀仏なのは僕。

 

次に、

これは事実に近い話としての記述だけど、

[日本三大仇討ち]の一つとして有名な[鍵屋の辻の決闘]

その[18人斬り][36人斬り]で有名な荒木又右衛門の話。

 

彼が学んだ流派は諸説あり、

父親からは中条流、叔父からは神道流等と書物によってマチマチ。

が、ここでは柳生十兵衛から学んだとされる新陰流の剣豪(達人)説を記載する。

その荒木又右衛門が伊賀上野の鍵屋の辻周辺で決闘の助太刀をした話。

 

まず彼は、一刀流の達人と言われている河合甚左衛門を出合い頭に斬った後、

敵方の武者に木刀で後ろから腰を殴られて横転し、

這いずり回って、やっとの事で2人目を斬り、

そして、3人目と立ち会っている最中、

彼が所有している名刀・強刀といわれる[来金道(らいかねみち)]が折れ曲がり、

あげくに、ポキン!と折れてしまったとの事。

まったくもって、18人斬りや36人斬りどころではない。

実際、彼が斬ったのは、やはり[2人]だったとの事。

でも、使ったその体力は、オリンピック選手以上だったと思う!

 

事実、僕は齢54歳になりはしたが、

[脳みそ]はいざ知らず、[体力]なら、その辺の若者よりもある!と豪語するこの僕だけど、

日本刀で連続100回の素振りだけで[身体がヘロヘロになって大変]!

ましてや、刀を振り回しての殺し合いなら

いかに剣豪と言えども、また、斬り合いの場数を踏んでいたとしても、

相当な体力がなければ何人もの人を斬ることなんてできっこないはず!

だから、荒木又右衛門のこの記述は、素直に納得できる!

 

が、そういう意味では、

信じられないが、事実としての文献が多く残されている剣豪がいる。

 

その名は、徳川将軍家剣術指南役

新陰流の柳生宗矩

 

若い頃の話として、

彼は、大阪の陣で、徳川秀忠を守る為、

迫りくる豊臣方の武者7人を瞬く間に斬った!と記録されている。

伝記等の書物により、10人や16人などの人数の多寡はあるが、

一番少ない人数で[7名]と記録されているので、

実際、7人だったんだろうと思う。

 

[サスガ! 剣聖]

 

[剣豪]も[剣聖]になると違うんですね!

 

とは言え、

我が国には、数多くの剣術流派があり、

剣豪たちの数多くの逸話も多いけれど、

何十人も斬ったと伝えられている剣豪も、

最後は、息切れし、集団で惨殺されたなど記録も多く、

どんなに強くても、結局は、体力勝負なんだなぁ〜と思う。

 

まあ、いつの時代でも

強い人は、強いんだけどね!

 

では、寝ることとする!

我が家の長老魚が南無阿弥陀仏

  • 2017.10.15 Sunday
  • 12:48

先日、友人のご母堂様が鬼籍に入られ、

お位牌の魂入れと49日法要の為に密檀をたてたんだけど、

久しぶりなので、2回ほど法事作法を間違ってしまった

僕が【家主】の中山手 線です。

 

まぁね!

一応、僕は法事用の坊主じゃないからね!

法事作法ってたまにしかしないし、

皆さん、僕の後ろ姿しか見えないから間違っても解らないかぁ!って!

 

やっぱ、

それダメだよね!

 

すみませんでした!

 

さてさて、

約6年前かな?

多摩川で釣った時は小指ほどの大きさしかなかったウグイ君!

今では、25cmぐらいになって、いつも元気に跳ねていたんだけれど、

なんか、とっても具合が悪そうで心配!

 

便秘なのかな?とか、

病気かな?なんて考えて、

水槽の中に薬を投入して1週間。

 

見るからに具合が悪そう!

170918-012447_R.jpg

 

あまりにも具合が悪そうなので、

別の水槽に隔離して、色々と手を施したんだけど、、、

 

チーン!

 

マジかよ!

 

非常に無念です!

 

南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏、、、

170918-095521_R.jpg

 

寿命だったのかなぁ???

病気だったのかなぁ???

いずれにしても、浄土へ行ける様に!とお弔いをして、

野菜ではなく、お花の肥料になってください!と花壇に埋めました!

 

それにしても、

下の写真のオイカワ君とチチブ君達は、

写真の様に僕の姿を見ると「ご飯をチョーだい!」と寄ってきます。

基本的には、とっても可愛い!

 

と言うのも、、、

先日、ドジョウの子供を2匹投入したんだけれど、

気が付くと、ドジョウ君達の姿がない!

 

水槽に手を入れて確かめてみても姿がない!

またしても、チチブ君達が食べちゃったんだ!

チチブ君って、本当に獰猛なお魚君です。

171009-134650_R.jpg

 

それで、

今年釣ってきた小指ほどの大きさのウグイ君達が10匹ほどいたんだけれど、

チチブ君達に半分食べられちゃったので、

彼らが大きくなるまで、違う水槽に移して隔離することにしたのだ!

171009-222243_R.jpg

 

そうそう!

それでね!

先日のドジョウの子供たちがチチブ君に食べられちゃったので、

今度はオークションで、ちょっと変わった色のドジョウの子供を格安で購入。

今度は、食べられないように!と

こちらの水槽へ投入!

 

元気に育ってくれればいいなぁ!

171015-093735_R.jpg

 

しかし、ウグイ君の寿命はNetで調べた限りでは6〜7年らしい

でも、我が家では6年目に入ってすぐに亡くなってしまった!

どうしてかな?

我が家では、一年を通して水温を21℃に設定しているからかな?

やはり、真夏は24℃ぐらい、真冬は自然温度のまま

つまり、水温に変化を設けた方が良いのかな?

答え解らないから、余計に考えてしまう!

 

あっ、考えたら眠たくなってきた!

 

 

では、寝ることとする!

暇なので包丁研ぎ

  • 2017.09.30 Saturday
  • 21:50

なんですな。

そもそも、奥様という方々ですが、

●「食器を洗ってよ!」って言うから洗うと「洗ったら片づけない!」と怒る!

➡[洗え]と言うから[洗っただけ!]

 

●「たまには料理作ってよ!」って言うから作ると「作るだけで、後片付けしない!

➡[作れ]と言うから[作っただけ!]

 そもそも、お茶碗がどこにあるかも知らない!

 

●「掃除してよ!」って言うから掃除すると「どうして見えるところだけしかしないの!

➡[隠れた場所は、年末の大掃除だろ!]

 

●「働いて良い?」って言うから「別い良いよ!」と言うと、

 「私はアナタと同じように働いて疲れて帰ってくるのに、

 どうして私だけが炊事・洗濯・掃除・ワンコの世話をしなければならないの!

 果ては、「アナタの給与じゃ貯金もできないし、

 食べていけないから共稼ぎせざるえないでしょ!」って大激怒!

➡[炊事・洗濯・掃除・ワンコの世話]をキチンとして、余った時間で働けば!

 そう言う意味で「働いてもいいよ!」って言ったんだけど、、、、

 

どうしていつも怒るのか?

かつ、一度、奥様に従順になると、ここぞ!とばかりに口うるさくなるのか?

まったくもって理解できない僕が【家主】の中山手 線です。

 

とは書きながら、、、

こんなことを書いちゃったら、世の奥様方から大クレームだろうな!

ましては、

Wifeからは「だから、アナタは、何回も離(・・ブー[禁止用語]・・)なのよ!

って、怒られちゃう!

 

さてさて、

奥様も50歳近くになると、Wife曰く「40肩」

僕的には、「50肩だろ!」になっちゃって(笑)、、、、

今日も通院でお留守なので、Wife孝行の為に包丁を研ぐことにしたのだ!

170930-171708_R.jpg

 

その前に、近くのコンビニへと走って行ったんだけれど、

僕の大好きな発泡酒がなかったので、仕方なく、このビールを1本買って来たのだ!

170930-171721_R.jpg

 

僕的には、マズイ!

 

やっぱ、いつものビールじゃないと!

ってなことで、業務用スーパーへ駆け足で走って行き、

いつものビールを1本購入!

ヨシ!

これで準備万端なのだ!

170930-171759_R.jpg

 

Wifeの包丁3本を研ぎ終わったんだけど、

なんかシックリいかないので、今となっては使われない可哀想な中華包丁でも研ぐか!

170930-172402_R.jpg

 

一応ね。

研ぎ終わったら、切れるか?、切れないか?を試したいので、

段ボールの切れ端や新聞の広告等で試したんだけど、、、、

 

ん〜、モノを切りたい!

 

冷蔵庫の野菜ルームを開けて、キャベツや白菜、大根等を切りたいんだけど

勝手にチョイスして、切っちゃったもんなら家庭崩壊につながるので、

ワンコ達を連れて、近くのスーパーへGO!なのだ!

 

ちなみに、

財布の中身にお金がないし、切れ味を試すだけだから!と

チョー安いモノをチョイスして買ってきました!

170930-204302_R.jpg

 

試し切りをした後は、ワンコのご飯にすれば良い!と思って、

色々と買ったけど、まずは、この真アジを3枚におろすか!

170930-204812_R.jpg

 

あっ、一応ですね!

Wifeが帰ってきた時の事を考えて、

コーヒーを飲みだした僕です!

 

偉い!

 

にしても、この真アジの鮮度の悪いこと!

170930-204902_R.jpg

 

まずは、中華包丁でテスト!

なかなかの切れ味です!

手に油が、、、なので、3枚におろした姿の写真を撮ってませんが、

切れ味サイコーなのだ!

170930-205103_R.jpg

 

次は、Wifeお気に入りの万能包丁!

これもなかなかの切れ味でした!

170930-205119_R.jpg

 

まぁ、なんですな!

真アジを切って、楽しんでいる最中にWifeが帰ってきて、

むやみに買った鶏肉や野菜等に関して、かなり怒られてしまいました。

 

あっ、理由ですか?

理由は、鮮度が悪くて、先に使わなければならないらしくて、

彼女が考えていた一週間分の献立スケジュールに狂いが生じたそうです。

 

そうなんです!

自分の立てたスケジュールに狂いが生じた時、

マジで、ムチャクチャ怒るんです。

 

どこの奥様も同じなのかな?

ホント、よくわからん!

 

では、寝ることとする!

白菜を栽培するのだ!

  • 2017.09.30 Saturday
  • 19:50

今年の野菜は、まったくもって不作で終わった

僕が【家主】の中山手 線です。

 

強いて言うと、ピーマン君とナスビ君は、

通年よりも採れたけど、

それにしても、キュウリは最初だけで、後はNG。

トマトも中玉、大玉、小玉ともに、NGに近く、

オクラは、壊滅!

それと特に、通常のゴーヤよりも巨大らしい[太願寿ゴーヤ]は、

まったくもってNG!

&白ゴーヤは、最後まで収穫はしたんだけど、

いつもと違う種類を植えたもんだから、

細長くて、果肉少なく、しかも種を排除するのに大変だったらしい。

 

まぁ、嫌ってほど収穫したのは[シソ]のみ!

今年だけで、一生分、食べた感じがするなぁ〜!

 

さて、話は変わるけれど、

夏の初め頃に買って植えた下の写真の花が

とってもキレイに咲いてます!

何ていう花だったのか?も忘れてしまったんだけど、

小さくて、とっても可愛い可憐な花です。

170930-114546_R.jpg

 

ってことで!

いつも野菜をわけてもらう農家のおばちゃんから、

白菜の苗を、かなり安くわけてもらったので

 

初挑戦です!

 

って言うのがね!

Wifeが「最近、白菜が高いのよ!」って言ってたもんだから!

育ててみることにしました!

下の写真は、通常の白菜の苗です!

171001-142512_R.jpg

 

こちらの白菜(下の写真)は、[リトル白菜]らしい!

通常の白菜よりも、小さいとの事だけど、

苗は、こちらの方が育っていて大きいのだ!

農家のおばちゃん曰く「どちらも甘くて美味しいわよ!」だって!

171001-142522_R.jpg

 

でもね!

「アナタって、肥料に鶏糞を使うんだったっけ?」て言われて、

「うん!。牛糞より鶏糞の方が、野菜が良いって聞いたので!」て言うと、

「白菜は、化成肥料の方が良いからね!」って念をおされました!

12苗を頂いたので、テストしてみることにします!

[後日、報告ですです!]

171001-142531_R.jpg

 

話は変わって!

今年は、食べた物の種などを畑に撒いちゃったんだけど、

下の写真の苗が育ってきました!

この苗って、何でしょうか?

葉っぱだけみると果物系の苗みたいなんだけど!

何だろう???

 

171014-131628_R.jpg

 

こちらの下の写真は、畑ではなく、

種から苗を育てる育成ポット的に使っているモノです。

まぁ、百円ショップで買ったバケツとゴミ箱BOXなんだけどね(笑)!

その中のゴミ箱BOXに埋めていた[アボガドの種]から芽が育ってました!

まったくもって気づかなかった!

171014-131719_R.jpg

 

こっちはこっちで、ジャンボピーマンの隣から生えていた

アボガド君です。

でも、冬越しできないだろうなぁ〜!

 

171014-131812_R.jpg

 

確か、アボガドって大木にならないと実を収穫できないらし、

ここは日本だから季節がら植えて、アボガドを収穫できないしな!

このままゴメンしかないね!

にしても、芽を出して育つんですね!

 

先に書いた通り、

今年は収穫がNGだったので、早めに土を休めようと考えたんだけど、

12月ぐらいまでは[白菜]を植えて

最後の収穫を頑張ってみます!

 

では、寝ることとする!

ボートの出航場所探し

  • 2017.09.23 Saturday
  • 19:53

移転しようにもお金がないからNGだけど、

仮にお金があったとしても、川崎の中原区内に限定されている

僕が【家主】の中山手 線です。

 

Wifeのご両親がお亡くなりになって、はや10年以上。

近くにある実家には[妹夫婦]が住んでいるとはいえ、

別に週や月や年に1度、帰っているわけではない。

なのに、どうしてこの中原区から出たくないのか?

未だに解らない!

 

半年ぐらい前になるけど、

僕の実家近くにある[大阪・千早赤阪村]は、

大阪府内で唯一、コンビニエンスストアが無い町。

つまり、この村は、コンビニエンスストアを誘致しているのだ!

 

この話をWifeに話し、

開店資金は、村が援助してくれるから大阪へ帰ろう!と言ったのだが、

・半径2km圏内にバス停や駅が無い!とか、

・平地なんて無くて、坂道ばかりで嫌だ!とか、

・スーパーへの買い物は、車で1時間以上かかる!とか、

・鹿やクマや猪が出没しそうなところなんて住みたくない!とか、、、

つまり、田舎には住みたくない!とのこと。

 

ってなことで、

この川崎市中原区が僕の終焉の地になること間違いなし!

ガックリしている今日この頃です。

 

さてさて、話は変わって!

ここ数か月、バタバタしていたので釣りに行けてないのだ!

まぁ、海釣りに行くとしても、レンタカーを予約し、

また、返却する時間には帰ってこなければならない!

つまり、時間に拘束されるわけだ!

 

それを解消する為に、

エンジン付きボートを出航させる場所を探していたんだけど、

格好の場所を見つけたのだ!

 

そう!

鶴見川で見つけました!

でも、実際は、ここからボートを出すのは[違反]なんだろうな!

170919-170225_R.jpg

 

まぁ、取りあえず、

今は、見つけた!ってことだけで、

実際に出航させるわけじゃないのでお許し下さい!(話だけです!)

 

ここにエンジン付きボートをサイドに寄せたら

楽に海にでれそう!

が、もっといい場所ないかな?

170919-170255_R.jpg

 

なんか先端部分に良い場所がありそうな予感!

ちょっと行ってみますかぁ!

170919-171236_R.jpg

 

素晴らしいじゃない!

 

ここからだったら楽に出航できるじゃない!

ここって使用禁止なのかなぁ??

もちろん使用禁止なんだろうなぁ、、、

170919-171520_R.jpg

 

なんて、いけない事を想像しているうちに

キレイな夕陽になっちゃいました!

 

170919-171011_R.jpg

 

にしても、

日が沈むのが早くなったもんだ!

 

美しい!

 

170919-171223_R.jpg

 

一応、こんな場所があったぜ!とピナさんに連絡をしたんだけど、

ボートとエンジンは、自転車で運べないでしょう!って言われて、

 

ボツ!

 

相変わらず、浅はかな僕でした!

 

では、寝ることとする!

千年神社へ散歩なのだ!

  • 2017.09.17 Sunday
  • 12:50

近頃は忙しくて、ご近所回りの散歩しか行けてなかったので、

今日は、ちょっと離れた場所へ散歩でも行くかぁ!と

考えた僕が【家主】の中山手 線です。

 

クチャオ君は、今年で[15歳]!

人間で言うと、、かなりのお歳をめしたお爺さん!

それにしても、[白髪]が増えたなぁ!!

昔と違って、彼は、暇さえあれば寝ているのだ!

170918-224436_R.jpg

 

大声を出して起こすと、

ビックリして心臓が止まったらどうするの!」とWifeに怒られるので、

クチャオ君の鼻の前にカメラを近づけて、、、

小さな声で「クチャオ君、散歩に行こうよ!」と繰り返し囁くと!

 

えっ、散歩なの!と目を覚ます!

 

170918-224455_R.jpg

 

これから行く[千年神社]と言う神社には、

幽霊がでるらしい!との噂がある神社なんだけど、

我が家からは4km〜5km先にあるので、自転車で行くことにした!

が、今日はクチャオ君を自転車のカゴに乗せるのではなく、

赤ちゃんを抱っこするツールをワンコ用に改良したクチャオ抱っこグッズで行くのだ!

[あっ、ちなみにこのブログで家主の顔を晒すのは本邦初公開なのだ!]

171009-142428_R.jpg

 

自宅から4〜5kmと言っても、

走っても30分くらいで、かなり近い!

 

この地区で一番大きな神社らしく、

夜になると幽霊がでるらしい!

 

本当かな??

 

とりあえず、[退魔坊主の僕]と[昔は退魔犬だったクチャオ君]で、

[霊]は、本当に存在するのか?の確認!

ふむふむ、、神社の入り口には、いないな!

171009-152721_R.jpg

 

おお、入り口を上がると

素晴らしい!

五光がさしてるぜ!

 

171009-151631_R.jpg

 

本殿に夕陽の光がさして、

まるで神の光の様にみえる!

 

実際は、もっと美しいのだ!

 

171009-151639_R.jpg

 

面白いな!

社殿に近づいても、光の位置は変わらない!

これぞ、

ここに神が坐すとのお告げなのか?

171009-151658_R.jpg

 

正直、眩しかったので、

より近づいてみました!

 

が、しかし、この辺りで一番大きな神社にしては、

これが社殿なのか?

我が家の氏神になっている大戸神社の方が大きいし、

社殿もしっかりした社殿なんだけど、、、な。

171009-151729_R.jpg

 

この辺の人は、さい銭箱に手を入れて盗む人が多いのかな?

どうして社殿の中にさい銭箱を入れているんだろう???

最近、物騒と言えば、物騒だからな、、、

171009-151835_R.jpg

 

社殿の中を見てみました!

正面の神様は、どなたが鎮座されているのかは解らないけれど、

右には、春日社

左には、神明社

???

春日社は、僕の実家近くと言っても隣の奈良県に鎮座する春日大社で、

確か、主祭神は、武甕槌命経津主命天児屋根命比売神4神が合体した呼び名で、

神明社は、天照大神を主祭神としている呼び名で、、、、

その両方の神を左右に配しているここの主祭神は、、、

誰だ!

171009-151801_R.jpg

 

もう少し、左を見てみると、、、

稲荷大神、、、

その左側に、八幡大神、、、

こんな神の配列をした神社を見たことがない!

境内には、神社の歴史が刻まれた案内等もない。

不思議な神社だ!

171009-151821_R.jpg

 

あっ!

慰霊碑がありました!

これがネット等で噂されている[霊がでる]と言われる所以か?

 

この慰霊碑の周りや碑文を読みましたが、

霊らしきモノは、一切、感じません!

まぁ、噂は噂だからな!

171009-152454_R.jpg

 

興味深い石碑を見つけました!

漢文は読めても、草書等は大の苦手の僕

本仙?さんの俳句のようです。

よくわからん!

171009-152620_R.jpg

 

でもでも、主殿よりも社務所の方が大きな神社も珍しい!

とっても変わった神社です。

171009-152440_R.jpg

 

ただ、嬉しいことに境内は広く!

参拝者もいないし、来ない為、

ワンコ達のリードを外して、イップクです!

171009-153139_R.jpg

 

広い境内の内を走り回って、ワンコ達も幸せなのだ!

ちょっとお腹が空いたので、

Wifeにオヤツをおねだりにきたエクボちゃん!

171009-153146_R.jpg

 

あっ、お前だけズルいぞ!

エクボがおやつを食べている姿に憤慨したクチャオ君は、

走って駆け寄ってきます!

 

新しい車いすの調子は、Goodみたい!

良かったのだ!

171009-153153_R.jpg

 

それにしても、

今回の車いすにしてからのクチャオ君の走るスピードは速い!

今までの車いすの中では、一番良いのかも?

171009-153156_R.jpg

 

調子はどうだい?

 

パパ!

有難う!

今回の車いすは、最高だい!

 

そう

それは良かった!

171009-153221_R.jpg

 

Wifeからは、

クチャオ君の[今の年齢]にあった、

そう、老齢犬でも楽に歩けるような車いすの作成を言われているんだけれど、

 

本職じゃないしね。

なかなか難しいモノがあります。

が、作らなければお小遣いを減らされるので、

年内にフルモデルチェンジの車いすを作る予定です。

こうご期待なのだ!

 

171009-152753_R.jpg

 

霊もいないし、

ユックリ遊んだし、

帰宅時は、こちらの坂道が帰るのだ!

 

今日も一日、有難うございました!

明日、また宜しくお願い致します!

 

では、寝ることとする!

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM