我が家の自転車たち!

  • 2013.10.22 Tuesday
  • 22:01
今日は「ロードバイク」以外の僕の自転車(Wifeのもだけどね)を紹介します。
ロードバイク以外は、高価なバイクは何一つなく、
皆、その辺にあるバイクばかりです。
(ロードバイクは高価だけど、それはあくまでも我が家では「高価なバイク!」なのです・笑)

さてさて、そもそも、、高価なバイクだと「盗難の恐れ」があるので「安いバイク」で良いのだ!。
以前、僕の友人がロードバイクだけど「TREK マドンシリーズ」を3台、
翌日のツーリングの為に車の中に保管していたら「車ごと」盗まれて泣いてた!
そりゃぁ、そうだよね。ホイールもカーボンに変えたり、
その他パーツにも、かなりお金をかけていたらしく、
自転車(3台)だけで合計200万円以上もしたらしい!
(これはロードバイクの話)

別の友達は、ビアンキのクロスバイクで通勤していたんだけど、
帰宅時、駐輪場から姿を消していたらしく、
いつも手荒に扱っていたので「家出かぁ??」
そうではない!。盗まれたらしい!。
(結構、盗難の話は良く聞くんだよね!)

そんな話を聞く度に、、、
日常使用する「自転車」は安物の方が安心だよね!って思う様になった。
まぁ、そもそも高額な自転車は買えないけれどね(悲)
それはそれで、買えない僕の言い訳かぁ??!
ってなことで、我が家の自転車君達を紹介します。

【買い物&散歩用自転車/名前:クチャオ号(クシャミご用達自転車です!)】

買い物&散歩用自転車とは言え、このバイクでワンコ2匹を前後に乗せて往復100km以内をガンガンに走っています。
川崎から城南島公園や扇島公園をはじめ羽村等、ワンコが喜んで散歩をする場所を見つけては、このバイクで「GO!」です。
ちなみにフレームの素材は「純鉄」!。ワンコ2匹を乗せると合計で25kg以上になり、、、、とにかく重いです!。
■車両重量:19kg

【通勤用自転車/名前:CHEVY号】

もともとWifeの自転車だったのを通勤用として取っちゃったバイクです。
これも「純鉄」のフレームですが、ちょっと違うのは「折りたたみ自転車」なんです。
まぁ、折りたたみ自転車と言っても、通勤用としてしか走っていないので、あまり意味がないのですがね!。
小遣いが増えれば、タイヤをスリックタイヤに変更しよう!と企てて、早2年。
いつかは必ず!との思いで、、、、、多分、ずっと変えないんだろうなぁ、、、。
■車両重量:15.7kg

【以前、少し使っていた通勤用自転車/名前:小鉄号】

1年前に通勤用として使っていたマウンテンバイクです。
これは「絶対に落札しないだろう!」と確信していたオークションが1,000円で落札してしまい、
送料が約5,000円もかかり、Wifeに無茶苦茶怒られてしまった「不遇な出会い」をしたバイク(悲)。
そして、追い討ちをかける様に「僕の身長に全く合わず」、
Wifeに「君へのプレゼントだよ!」と言ったのですが、
先の落札金額より送料の方が数倍もしたので、
「だからオークションは大嫌い!」
「こんなプレゼントはいらない!」と一蹴され、、、
何とか半年間ぐらいは通勤用として乗っていたのですが、、
事あるごとにWifeがブチブチと独り言を言うので、、
結局、友人に引き取ってもらいました。
(「部品取り用自転車」として手元に置いておきたかったんだけど、
我が家のお偉いさんが煩いからね)
■車両重量:15kg

【Wife愛用のママチャリ/名前:エクボ号(エクボご用達自転車です!)】

Wifeの買い物&散歩用ママチャリ君。
一応、リアが「6段変速」になっており、結構、優れもの?のママチャリさんです。
Wifeはこのママチャリで往復70kmぐらいならガンガンに漕いで走ってます!。
でも、ママチャリだと巡行速度を維持するのは辛いみたい!。
■車両重量:21.3kg

【Wifeのツーリング用/名前:SUB君(そのままです)】

Wifeが、僕の誕生日に「ビンディングシューズ」を誕生日プレゼントとして買ってくれる!と言うので、
2人で「SCOTTのShop」へ行った際、モデルチェンジの為、クロスバイクの値段が下がっていた。
僕が「僕のプレゼントより、2人でポタリングした方が楽しいから、この自転車を買いなよ!」と、、、
Wife「ママチャリがあるし、こんな高い自転車なんていらないわょ」
僕「わかった!。俺が買ってやるからさぁ」
Wife「本当に買ってくれるの?」
僕「うん。取り急ぎ、ママのカードで決済しておいて!。後で払うからさ!」
ってな会話があって、一度も、Wifeの自転車代を払っていない僕でした。
でも、Wifeはこのクロスバイクを相当気に入っているらしく、
Wifeから督促状を送られた事は一度も無いので、
このまま忘れてくれれば!と、、、、
取りあえず、本件には触れない僕です!。
■車両重量:13.5kg

でも、クロスバイクって、、、どうしてあんなに走るんだろう???。
なんか、、ロードよりも走る気がしてならない時があるんだよね。
不思議だなぁ????。

僕の歴代ロードバイク(ロッテンマイヤー号)

  • 2013.10.20 Sunday
  • 20:39
ツーリングは、ロードバイク。
買い物や遠出の散歩(前後のカゴにはワンコ達)には、クロスバイク。
通勤には、マウンテンバイク。
ちょっとコンビにまで!は、ミニベロ、、、
今でそこ4台のバイクを使いこなしているが、
かなり昔から「サイクリング自転車1台」をツーリング、買い物、ちょっと遠出の散歩、通勤や釣り等に使用していた。
と言うよりも、1台しか買う余裕も、暇も無かった!と思う。

僕のWifeはWifeで、昔は「ママチャリ1台」を駆使して乗っていたが、
子供の手が離れ、2人でツーリングや散歩に行ける様になってからは、
ママチャリ以外に「クロスバイク」を購入(後日に紹介します!)してはいるが、
やはり、歴戦の友である「ママチャリ」の方を大切にしている。

そこで!。
僕の歴代ロードバイク(ロッテンマイヤー号)の勇姿をご紹介!。
懐かしいけれども、遍歴が活字になって嬉しいなぁ!(笑)。

【初代 ロッテンマイヤー号:カスタマイズ前】
カスタマイズ前
友人の弟が36年前に購入したサイクリング車(納屋に保管)を
廃車するとの事で「譲り受け」た。
昔は流行ったんだよなぁ、、「サイクリング自転車」!。
タイトルは忘れたけど「日本一周なんて漫画」もあったっけ?。
あの頃は、僕は中学生だったけど、
大人になったらマジで日本一周を計画してたっけ!。
この写真を見るまでは、譲り受けた時の「気持ち」を忘れてたよ!。
でも、譲り受けた時は、前輪、後輪はパンクしてるし、
ブレーキやフロント/リアのコントロールレバーも効かないし、
かなり、部品の取り外しや調整の勉強をさせてもらったよ!。

【初代 ロッテンマイヤー号:カスタマイズ後】
カスタマイズ後
ハンドル、ステム、トップキャップ、ブレーキ、サドル、タイヤなどなど、、を交換。
バーテープを巻いたり、ワイヤー換えたり、要らないアイテムを外したり、、、、。
「サイクリング車」から「ロードバイクに見える?」へカスタマイズ!。
初代の彼とは、羽村水堤や高尾等、往復100kmを幾度となく共に走った!。
当時、ロードバイクも知らず、また、ロードバイクを乗っている人も殆どいなかったしね。
今までで、一番、手を加えた「戦友」です。
まさに「歴戦の友」と呼べるに相応しい「初代 ロッテンマイヤー号」!。
故に、今でも廃車できずに、時々、乗ってます!。
■車両重量:16kg
■フレーム素材:純鉄(本当に重い!)

【二代目 ロッテンマイヤー号】

友達と高尾の峠に行った際、本当に重くて登れず、初代と5回くらいヒルクライムに挑戦した!。
でも、重くて登れず、、自分ではなく「自転車が悪い!」と決め付けて「net」で新車購入。
(ごめんね!。初代ロッテンマイヤー号)
当時、ロードの購入方法なんて知らず、色合いが気に入っただけで購入した。
たまたま、僕の身長と適合したから良かったけれど!、僕の身長に合っていなかったら、
「無駄買いの象徴」になっていたかも??。
二代目の彼からは、ロードバイクの乗車位置調整や各種アイテムの調整を勉強した。
また、僕の定番だった羽村、高尾や鎌倉、そして、「初の富士五湖一周」を楽しんだ!。
ただ、純鉄とアルミの違いを痛感したのは、彼と出会ったおかげだと思う。
今の彼は、友人のパートナーとして頑張っています。
友人が手放す時が来れば、いつでも引き取らせてもらおうと思っているバイクです!。
■車両重量:12kg
■フレーム素材:アルミ

【三代目 ロッテンマイヤー号】

友達がみんなカーボンフレームのロードバイクに移行して行く中で、
「やっぱり、アルミよりもカーボン・フレームだよね!」なんて会話が続出!。
こっちは「何のこと?」で頭の中がいっぱいになったけど、
カーボン・フレームは「とにかく軽くて最高!」らしい!。
ってな事で、「三代目 ロッテンマイヤー号」と出会う事になりました。
また、いつもながら、、、カーボンの種類や特質も解らずに「やはり、格好良いよね!」で
KUOTAの「KHARMA」を選択!。
今まで「純鉄」⇒「アルミ」⇒「カーボン」と変遷して行く僕のバイク歴史の中で、
それぞれの素材の特性が今となっては良く理解できる様になりました!。
(やっぱ!、100km以上を何度も走りこまないと、フレーム素材の特質は体感しないのかも??)
とにかく、三代目の彼とは、今も川崎から千葉、栃木、茨城、山梨へ往復100km以上のツーリングを
月に数度、共に走る「新たな心強き戦友」となってます!。
■車両重量:8kg
■フレーム素材:カーボン

以上が、僕のロードバイクである「歴代ロッテンマイヤー号」の紹介でした!。
人によっては、最高のフレームを購入し、ホイールやギアを買い換えて楽しんでいる方もいますが、
サイクリング車からロードバイクへと変遷してきた僕は、
「ロードバイクって何?」から始まり、それで終わるような気がします!。
(フレーム素材信奉者?、、では、ありませんが!)

ただ、「ロッテンマイヤー号」と言う名称は、
何を隠そう!、今まで所有してきた歴代の「車」の名前なのです。
最初は「アルプスの少女ハイジ」に登場する「ロッテンマイヤァー先生」から取って、
気軽に命名したんだけど、、、、
歴代共に走っていると、、色々と感情の方が先走ってしまって、
気がつけば、はや30年以上も時間が過ぎてしまいました!(歳取ったなぁ、、、)。

次回は、僕のクロスバイクやマウンテンバイク、ミニベロ等を織り交ぜてUPしま〜す!。
では!。

帰宅決死隊!(第三弾)

  • 2013.10.20 Sunday
  • 01:06
【帰宅決死隊!(第二弾のつづき)】
こんな登り坂が、まだ続くのかぁ!
CYMERA_20131018_073516.jpg
甲府からここまでは、こんな坂ばっかだったので「登り坂ウンザリ!」
でも、車の数は、かなり減ったのでワイフも安心して自転車を押している!。
(えっ?押してるの?)
「もう、登り坂を上がる体力が無し、降りて押した方が早いもん!」
(うん、確かにそうだね。夜道、闇の坂道、見えない荒れ道を想定して、
ビンディングシューズを履かずにいた僕も、疲れたし、、、プライド捨てて押そうと自転車を降りました)

その瞬間、、、、
後輪のタイヤが目に入り、、、
「なんじゃコリャァ!」
CYMERA_20131018_130550.jpg
ドングリ、クルミ、クリ、、、奴らのせいだ!。
スペア用のタイヤも無いし、、、どうしよう??。
交通費を浮かすために自転車で帰宅しているのに、
これでタイヤを買ったら「赤字」になってしまう!。

悲しんでいる場合ではない、
とりあえず、応急処置、応急処置っと、、、、。
(あと50kmほど、、、、自宅まで持ってくださいね!と祈りながら)
カットバンで応急処置をしました。

そんなこんなしているウチに、もう一箇所!!!
最悪じゃぁ〜!!。
別の箇所にも亀裂がはいっているでわないか!。

仕方ないから、同じくカットバンを貼って「応急処置」。
カットバンって人間以外にも効果あるんだね。

津久井湖へ出て、気分を取り直す為にちょっと休憩!。

お腹が空いたので「マックで腹ごしらえ」をした後、
相模川⇒鶴見川(川沿いは坂道無いから走りやすいよね!。僕の定番です)
⇒神奈川県港北区経由中原街道を経て、、、、、
夕方16時過ぎ!、
ようやく自宅にとうちゃこ!しました。

以前、葛西臨海公園⇒幕張⇒千葉⇒印旛沼へ行った時は180km走ったけど、
今回は、本当に足腰ガクガクです。
でも、無事に帰宅できて良かった!。
お留守番のワンコ達は、大喜び!。
よく頑張ったよ!。約17時間の走行!
ツールド???かな?。

【本日のRecord】
■参加自転車:僕/KUOTA:KHARMA、ワイフ/SCCOT:SUB40 計2台
■走行距離:134.74km(坂道が多かったから2倍かな??)
■Average:14.6km
■MAX:42.0km
■TIME:9.13.04

帰宅決死隊!(第二弾)

  • 2013.10.20 Sunday
  • 00:34
【帰宅決死隊!(第一弾のつづき)】
きたぁ〜!。相模湖駅です。
CYMERA_20131018_085019.jpg
「ここ相模湖でちょっと休憩しよう!」
昨晩12時からドングリやクルミ、クリや枯れ枝がバンバン落ちていた悪路「国道20号線」を走ってきたのと、
これから走る「魔の大垂水峠」対策の為に、
マイバイクとワイフバイクのタイヤやギヤ関係が心配で「点検」と「再調整」の少し長めの「休憩」です。
CYMERA_20131018_085759.jpg
それにしても、僕は甲府からここ相模湖までの間、6回もチェーンが外れ、
ワイフバイクのシフト関係もズレ?が生じて、軽めのギアが入らなくなった。
うん?、「そうだ!、何もこれ以上、辛い思いをして大垂水峠を走らなくても良いのでは??」

「ワタシは、もう、坂道を登れないから自転車から降りて押して行くけど気にしないで先に行ってね!」
(えっ?、ダンプがバンバン走っている峠路で、アナタを置いていけるワケないじゃん!。
まさか、それを前提にその言葉を言ってる?。多分、そうなんだぁ。
ノ゚Д゚) よし!解った!。違う道を選択しよう!)

ってなワケで、、、
「相模湖⇒大垂水峠⇒高尾⇒八王子⇒多摩川サイクリングロード⇒丸子橋⇒自宅」ルートから
「相模湖⇒津久井湖⇒町田⇒鶴川⇒鶴見川サイクリングロード⇒都筑⇒中原街道⇒自宅」へ変更だぁ!。

それにしても、先日の「台風」の影響で相模湖は「茶色」に濁っているなぁ。
前に来た時は「緑色」で綺麗だったのに、今日は残念!。
CYMERA_20131018_085827.jpg
そんな相模湖を見ながら、イザ!、津久井湖へ!。
確か、、、相模湖から津久井湖へは下り坂が多かった記憶が???。
CYMERA_20131018_073510.jpg
えっ〜、のっけからこんな上り坂かよぉ!。
やめてぇ!!!!。
これって、またつづくのかぁ!!
(写真が2MBまでしか掲載できないので、最終回の第三弾へ!)

帰宅決死隊!(第一弾)

  • 2013.10.19 Saturday
  • 16:35
13年10月17日(木曜日:曇り時々晴れ/風無し)
山梨県甲府にある会社に車を借りていたので、
急遽、その車の返却する事になった。

当初、帰りは「甲府始発の電車に乗る為には自宅を何時にでようか?」と考えていたのだが、
ワイフが「帰りの電車賃がもったいないので、自転車で帰ってくれば?」と提案してきた。
まぁ、我が家の副首相兼金融大臣兼総務大臣兼家土交通大臣兼全省官僚でもある、、
えぇ〜い面倒だ!、まっ、それくらい我が家の権力を有しているワイフが提唱する「ヨメノミクス」の方針が、
「経費節減」である以上、無下に却下する事もできずに、、、、うぅ〜ん、、まぁねぇ、、と、、
躊躇していると、嫌ぁ〜な予感があたり、「私も行く!」と同行を提案。
「良い思い出になるから!」「めったに無いことだから!」「たかだか100kmぐらいでしょ!」
その言葉の後はいつも「強行可決」。
我が家の最高決議機関である「家内会議(通称:家会[国会と同じです]」で「決定」されてしまった。

まぁ、それで仕方なしと、、、甲府から神奈川県川崎まで自転車で帰ってくる事になりました。
(ここまでが、帰宅決死隊のいきさつです)

帰宅計画としては、
夜12時に山梨県甲府を出て、朝6時に帰宅!。
まぁ、大枠の時間的予定と帰宅コースは八王子までは国道20号線、
八王子からは多摩川サイクリングロード。
最難関は相模湖〜高尾(八王子)の間にある「大垂水峠」。
ここは、友達と一度走ったが、、、死にかけた峠。
(尋常じゃない登り坂、下りも延々と続く急な下り坂)
坂道が大嫌いな僕にとっては、気が重いツーリングになりそう、、、。

っと言うことで、予定通り、12時に甲府市を出発!。
ちょっと寒いが、、まずは、軽快に走行です!。
(寒いとは思っていたが、ここまで寒いとは!、防寒対策してきて良かった!)

甲府〜勝沼インターまでは、お店のライト等で道も明るかったが、
勝沼を過ぎて20号線の旧道に入った途端に「真っ暗闇」。
深夜2時を過ぎているにも関わらず、トラックがバンバン走り、しかも車道は2車線。
写真の道の駅「甲斐大和(勝沼を過ぎた場所)へ来た時は3時過ぎ。

まったく、前方は見えないし、、、タイヤが何かを踏んでバシ!、バリ!って言っているし、、
止まって良く見ると、ドングリ、クルミ、クリ、枯れ枝、、、
登り坂の連発で、降りて自転車を押した方が早いのでは?と悩みながら坂を上がっていると、
後方のワイフのライトが見えない!。
こけた?。もとい、落車??。もしや、トラックに撥ねられた?。

せっかく上った坂を下りて行くと、
立ち止まって。自転車のフロントライトを手に「ボー」っと見寄っているワイフ。
「大丈夫?、どうしたの?、何か落としたの?」
「このクルミは食べられるかなぁ!」「お友達のお土産になるかなぁ?」とワイフ。

一度上がった登坂を下ってきたのに!、、、
心配したのに!、、、、、
せっかく芽生えた俺の彼女へ対する愛という名の思いやりの心が消えてゆく!!、、、、、。
くそぉぉぉぉ!、とは言え、「食べられないよ!、行くよ!」と冷静と言う僕。
よっしゃぁ!、これぞ、大人の回答だぁ!(満足!、満足!)。
「うん、わかった」と明るく笑うワイフ
「トラックが多くて怖いよね。気をつけてね」と笑顔の僕
(最初っから、食えないことくらい「わかってろよ!」と心の中で呟くのは、僕のいけない悪い癖)

ってな事が幾度かあり、登っては降り、降っては登りを繰り返し、
夜が明けてきた!(朝6時前くらい。日の出が遅くなったよぇ)。
写真が取れるぜ!。ちょっと一枚!。
CYMERA_20131018_055954.jpg
旧道の2車線しかない長い長い「笹子トンネル」を通った時は、
トラックは飛ばして走るし、それに幅寄せ走行するし、本当に「恐怖」でしたが、
第一目標の「大月」を越えた辺りには、写真の様なトンネルがあり助かりました!。
(トラックが通る度、自転車を止めて2人の「存在感をアピールしてきただけに!」。)

話は元に戻って、結構、景色が良くて10分ほど休憩です。
(朝になるとトラックはめっきり減りましたが、代わりにダンプが異常発生。怖さは同じですが、、)
(異常発生するトラックやダンプはイナゴの化身??。運転手さん!、ゴメンナサイ。冗談です!)
CYMERA_20131018_060031.jpg
まずは、ここまで来るのに体力の半分以上を消耗してしまい、
おまけに不眠での輪行なので、かなり疲れてしまいました。
そんな中でも、記念写真です。
【僕の自転車】
CYMERA_20131018_060002.jpg
【ワイフの自転車】
CYMERA_20131018_060014.jpg
大月を越え、相模湖に近くなってきたぁ〜!。
なっなっなっなんじゃぁ???。
CYMERA_20131018_075328.jpg
初めて見ました!。
なんなの?、これは、、、、
ワイフ曰く、「高速道路から見えるのよぉ。飯田に帰る時にいつも見えるもの」
僕の質問に対しての回答になっていないじゃないか!。
でも、心の広い僕は「そうなんだぁ。じゃぁ、行こうか!。でも、大丈夫?」
「大丈夫よ。最後のイップク、、、」
また、心の中で呟く僕「また吸うの??、さっき2本吸ったじゃん」
(いけない!、いけない!、彼女は本当に良く自転車を漕いで頑張っているんだ。
もうそろそろ限界かもしれないし、、、)
「このプロテインバー食べる?。美味しいわよ。後2本あるし、、、」
心の僕「まだ2本もあるんかい!。食って、吸って、飲んで、食って、吸っての繰り返しじゃない」
(いけない!、いけない!、長距離を漕ぐと食べないと倒れてしまうから食べさせないと、、
でも、なんか休憩の度に何かしら食っている様な気が、、、)
CYMERA_20131018_072502.jpg
おぉ!。
やっと相模湖の手前まできたぁ!。
山梨県人は「桂川」、神奈川県人は「相模川」と言う県境に来たぜ!。
後方からワイフの叫び声「コンビ有ったら寄ってくれる?」
「うん、わかった!。トイレなの?」と優しい僕。
「お腹が空いたから何か食べたいのぉ!」と響く声!
「聞き間違い??、さっきから食ってばっかじゃん」と思いきや、、、、

宝くじでも当たった様な笑顔で、ラーメン片手にコンビにから出てきたワイフ。
「アナタも食べる???」
「僕はいらないよ」と言いながら「体脂肪や内臓脂肪が増えたとブチブチ言ってる割には食うなぁ」
と思いながら「何か動物の本能をそのまま地でいってる奴かもしれないな。
寝る、食う、動くの3パターンしか見出せない女性かもしれない」と食べる姿を見ながらシミジミ思う僕。
「まっ、そこが可愛いところなんだから!」
CYMERA_20131018_084834.jpg
きたぁ〜!。
相模湖駅です!。
(第2弾へ続く)

渡良瀬緑地ポタリング

  • 2013.10.19 Saturday
  • 14:23
13年10月13日(日曜日:日本晴/風強)
ワイフの友達である緒澤さんが、名門TREKのクロスバイクを購入。
(特に女性でTREKを選択するとは!、素人ではない!)
CYMERA_20131013_143915.jpg
じゃぁ!、一緒にツーリングに行こうよ!と沸いて!、、、
本日「初ツーリング」。

緒澤さんは初めてだから往復で40kmくらいかな?と目的地を選んでいる内に、、、
ホツホツと、、僕の心の中のツーリング欲が「100kmぐらいでも大丈夫だよぉ!」と、、
「いや、駄目だ!、駄目。初めてだからお尻が痛くてもたないよ!」等と
僕自身の「思いやりさん」と「わがまま君」が問答を繰り返した結果。
良し!。目標は往復80kmで、お尻がもたない場合は、途中で引き返そう!との
結論に達し、埼玉県の大宮近辺から「渡良瀬緑地」を目標にスタート!。

(僕とワイフは、いつも神奈川県・東京都、足を延ばして千葉県をエリアにしているので、
今回の埼玉県の道は「初めての経験」でワクワク状態でした!。)

埼玉最高だぜ!。
道は広いし、自転車少ないし!、何よりも坂が無い!
(坂にもランクがあって、坂といえる登り坂は皆無でした!。知らないだけかな?)
ってな事で、人生初の「利根川大橋」を通過。
CYMERA_20131013_132815.jpg
スゴイ!。
茨城県だぜ!。
CYMERA_20131013_133610.jpg
利根川サイクリングロードの道幅は、多摩川サイクリングロードの平均的道幅と同じくらいだね。
でも、、、とにかく人がいない!。
ウォーキングおじさん、おばさんがいない!。
空き缶を山積みしたレゲエ達の自転車も走ってない!。
多摩川みたいに自転車をかっ飛ばしてる奴らもいない!。
もちろん、遭遇はしたけど、30kmほど走った中で4人ぐらいしか遭遇しなかった!。
ビックリ!と言うか、、、嬉しくて!。もちろん、楽しく走れるので!。
CYMERA_20131013_135914.jpg
渡良瀬緑地にとうちゃこ!
ちょっと風が強かった。
CYMERA_20131013_144647.jpg
でも、やっぱ、広いぜ!。
CYMERA_20131013_143901.jpg
とにかく、この公園は1周約17Kmもあるらしい!。
道幅も広い!。

神奈川の自宅近く(50km圏内)に、この様な公園があればなぁ!。
ワンコ連れて、毎休日、走りにいくんだけどなぁ!。
でも、本当に楽しい初ツーリングでした!。

緒澤さん、お尻大丈夫でした?、腫れてません?。
そうですか!、そりゃぁ、良かったです!。
また、行きましょう!。
今度は、往復で100kmを突破しましょう!。

最後に、
ワイフの自転車です。
彼女もジャイアント、ビアンキ、ルイガノの売れ筋を嫌がって、
名門SCCOTに乗っている珍しい方です。
CYMERA_20131013_143948.jpg
【本日のRecord】
■参加自転車:僕/KUOTA:KHARMA、ワイフ/SCCOT:SUB40、緒澤さん/TREK:Seventwo 計3台
■走行距離:84.82km(かなり道に迷っちゃった)
■Average:16.0km
■MAX:42.4km
■TIME:5.16.44

鍋割山へトレッキング

  • 2013.09.07 Saturday
  • 01:14
僕は「自転車」の方が好きなんだけれど、
Wifeは自転車よりも、ワンコ達と一緒に「散歩」をするのが大好き。
仕方ないから、僕も散歩に付き合っている内に、毎日同じ道を歩く散歩に苦痛を得てきたので、
道を変えて散歩をするも、行く道すらなくなってきた。

そこで、考え出したのがワンコ達と一緒にあるくトレッキング!。
でも、クチャオは車椅子だから、そんなに急な山道は登れないので、
山道と言うより「林道」を歩く事にした。

今回は「鍋割山登山道」までの散歩(トレッキング)。
まずは、地図を良く見て「GO!」なのだ!。
CYMERA_20130907_143021.jpg
サスガに道が悪いなぁ!。
でも、一般車両は通行禁止の林道なので、安心して歩けます!。
CYMERA_20130907_150140.jpg
車椅子ながらも、歩く事が大好きなクチャオ君!。
自分が「下半身不随と理解していない」様なスピードで、走る!、走る!。
CYMERA_20130907_143411.jpg
「パパちゃん、ママちゃん、遅いよぉ!」と言わんばかりのクチャオ君です。
エクボは、いつもマイペースで、僕たちを気遣ってくれません。
僕たちが隠れると、不安になって戻ってくるんだけど、、ね。
CYMERA_20130907_150144.jpg
かなり、歩いたぁ、、、!。
ようやく登山口にとうちゃこ!です。
登山者カード投入箱ってあるんだね。
初めて知りました!。
CYMERA_20130907_151834.jpg
渓流釣りが大好きな僕にとっては、ワクワクする川をみぃ〜っけ!。
この川を登って行けば、かなり良い穴場があるかも?。
でも、今回はWifeとワンコ達がいるから我慢です。
と言うよりも、道具を持ってきていなかった、、。残念。
CYMERA_20130907_152357.jpg
登山者カード投入口から少し歩くと、山小屋があり、
そこから入っていくみたい。
でも、僕たちは山小屋でUターンです。

かなり歩いたよ!。
20km近くは歩きました。
自宅近くを歩いて散歩するより、山道を散歩した方が気持ちがいいね!。
ここから50kmかけて自転車で帰宅します!。
サスガに、帰りは辛いだろうなぁぁぁ、、、!。
 

弘法山へトレッキング

  • 2013.09.05 Thursday
  • 08:01
前回、何の用意もなく大山登りをしたので、
途中で引き返してしまいましたが、
今回は準備万端!。
いざ!、と言うことで、小手調べ?的に小高い山(弘法山)を選んで歩いてきました!。
権現山・弘法山方面への道しるべです。
いざ!、弘法山へ!

あららら、、この山道を車椅子のクチャオ君は登れるかな??
CYMERA_20130901_113811.jpg
クチャオ君もエクボちゃんも何とか中腹まで頑張りました!。
人も少なく、ワンコ達も大喜びです!。
ウチのワンコは、なぜか?、芝生が大好きです。
飛んで、跳ねて、駆けっこです!。
CYMERA_20130901_114532.jpg
さぁ!、もうひとふんばりだよ!。
でも、この階段はすごいなぁ、、。
クチャオは、頑張って縁側を登ってくださいの!。
CYMERA_20130901_123009.jpg
頂上には、とうちゃこ!。
湧き水を発見!。
無茶苦茶冷たい水です!。
CYMERA_20130901_123723.jpg
おやおや、、、
井戸があるよ!。
でも、もう使っていないみたい。
CYMERA_20130901_123356.jpg
どれどれ、、、、
ここの井戸から湧き出た水はお乳の様に「白く濁り」、
いつも「乳の香り」がしていたんだとさ!。
ここの水を飲めば、お乳がどくどくとでる!そうです。
でも、今はその白く濁った水はでないんだって!。
なるほど、この井戸には、この様な謂れがあったんですね!。
CYMERA_20130901_123431.jpg
この弘法山の頂上に「弘法大師」が開いたお寺がありました!。
まったく知らずに登ってきたけれど、やはり、弘法大師とは縁がありますなぁ!。
来て良かったです。
CYMERA_20130901_124129.jpg
「南無大師遍照金剛、南無大師遍照金剛、南無大師遍照金剛」
ちゃんとお参り致しました。
また、付近には「猟犬供養塔」や「鳥獣供養塔」が建てられてました。
以前は、猟師が猟をしていた山だったんだね。

それはそうと、山頂からは秦野の町が一望できます!
CYMERA_20130901_123823.jpg
クチャオ君もエクボちゃんも「クタクタ」みたいなので、
山頂でイップクしてから下山することにしました。
それにしても、クチャオ君は「頑張った!」
CYMERA_20130901_125122.jpg

まだ、ブログに慣れていなくてぎこちない書き方だけど、
ちょっとづつ頑張っていくので、
みなさん、宜しくお願い致します!。

ちょっと大山まで

  • 2013.08.17 Saturday
  • 17:22
近所の散歩も、自転車での遠出散歩も行きつくしたので、ちょっと気分転換しない?とWifeと相談後、大山の頂上へトレッキングだぁ!と、何も考えずに出かける事にした。
大山の麓に到着後、ワンコ達と歩いて駅まで来たけど、、、ケーブルカーではワンコ達は「カゴ」に入れなくてはならない事に気づき、駅員さんに相談!。なんと「無料」で2つ貸してくれた!(駅員さん有難う!)。
大山阿夫利神社に到着後、境内にある「湧き水」を美味しく堪能し、
さてっ!、頂上目指して登るぜ!とワンコ達と気合を入れる!。
(そうそう、駅までの途中、「杖が無いと大変だよぉ!」とおばあちゃんからアドバイスをもらったので、その場で「杖」を購入)
購入時は、杖なんかいるのかなぁ?と思っていたけど、必要だった!と実感するのは、、まだ後のこと。

おやおや、なぜ??だろう。
天満宮が鎮座しているよ。
何か繋がりがあるのだろうか?。
取あえず、手を合わせて登頂へチャレンジだ!。

あっ〜、最初からこの階段は辛い!。
車椅子のクチャオ君は登れないから車椅子ごと抱っこ。重いよぉ。

階段が終わったと思ったら、次はこの階段。
うぅ〜ん。かなり甘く見ていたぜ!。
おばあちゃんが「杖は必要だよ!」って言っていた意味がようやく解ってきたぜ。

車椅子のクチャオ君を抱っこしたり、歩かせたりしていたけれど、
クチャオ君はクチャオ君で、車椅子で頑張って段差をクリアしている。
偉いぜ!。クチャオ!。お前重いからなぁ、、、頑張ってくれ!。

なんなんだ!。この岩は!。
こんな道が延々と続いているので考えた挙句、クチャオ君は後ろのリュックの中に入ってもらうことにしたが「エクボはギブアップ!」。
Wifeにエクボを抱っこしてもらったり、歩かせたりして、、、う〜ん。こんなに辛いとは!。

あらら、クチャオ君がリュックから落ちてしまった!。
クチャオ君が暴れるからファスナーが緩んでくるんだよね。
頼むから暴れないでくれ!。

あともう少しで八丁目だ!。
でも、だんだん暗くなってゆく!。
帰りは真っ暗じゃないのか?。懐中電灯とか持ってこなかったよぉ!。いつもの「登頂断念するかぁ!」

何も考えずに「無装備」でやってきて、、、、暗くなって、、、
ヨシ!、仕方ないから八丁目で断念しよう!(うん。これは英断だな!)。
しかし、ここからは町全体が良く見えるなぁ!。
それに山登り?、トレッキングの方々は、相変わらずに丁寧な挨拶をしてくれるし、交し合うことができる。
昔の自転車に乗っている方々もそうだったんだけどなぁ、、、。
今は、マナーが悪くなって挨拶すらしなくなってしまっている。

登頂できなかったが、けっこう勉強になった1日でした。
後日、Wifeと共に「トレッキングシューズ」と「ステッキ」を購入したので、
次回は、必ず登頂するぜ!と心に誓うのでした、、、、。

魚骨肥料を作ってみようと!

  • 2013.05.12 Sunday
  • 00:18
家庭菜園で使用する肥料が思いのほか高いので、、
自分で作ってみる事にした!。
My冷凍庫(冷凍専用庫)には、過去に釣った魚たちが眠っているので、
彼らを2日間、天日干しにしてからミキサーにかけて粉々にしようと計画!。

まずは、小メジナ(グレ)君、赤いのはマグロのアラを買って来て余ったヤツやオニカサゴの頭の一部。
その下の篭は、ニジマス、岩魚等をぶつ切りにした骨と身などなど、、、。















下の写真は、結構大きかったブルックトラウトや岩魚などの切り身群です。
保存期間は、確か、、、、、1〜1.5年なので焼いても食べれない??と思う。















まだまだ有ります!。
サバの開きと、、またもや岩魚やブルックやニジマスの切り身です。
魚は余らせる様になってからは、今ではすべてリリースしてます。
お魚クン!。ごめんね!<m(__)m>。















下記のお魚は、確か、、、、オニカサゴを釣りに行った時????。
いや、ブリを釣りに行った時に釣れた魚だったと思う。
ワンコ用に冷凍していたんだけれど、先に冷凍庫に入った魚君達はそのままの状態で保存されていて、
存在も忘れられていたんだね。本当に申し訳ないです!。















と言うことで、一生懸命にミキサーで微塵??、もとい、粉々にしてから、
発酵させて、、!っと思いきや、姉から連絡(別件だけど)をもらい、
義兄と姉に聞いてみると、、、、、、、
肥料になるには、かなりの時間がかかるとの事。
それよりかは、コーヒー豆のカスの方が良い肥料になると教えてもらったのだ!。















天日干しにしている2日間とミキサーで粉々作業をしている間、
近所から苦情は来なかったが、ワイフから「臭い!、臭い!」と言われ続け、
「この臭さが、美味しい野菜を作るんだい!」と信じて、作業に取り組んでいたが、
義兄と姉からアドバイスをもらうに辺り、作業を全面ストップし、
ただ今、家の中は、まだ沢山の魚君と粉々になった魚骨肥料まがいがあり、
家中、臭いにおいで大変です!。
明日は何かしらの手を打たなければ、ワイフから「僕が処分」されそうなので恐々です。

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM