練習で使う居合用模造刀

2017.10.22 Sunday

0

    台風が来るらしく、昨日から大雨で暇なので、

    居合用模造刀の手入れでもしようと考えた僕が【家主】の中山手 線です。

     

    以前に、僕の所有している居合用模造刀を紹介したことがあったんだけど、

    あの頃は、道場に通い始めたばかり、

    つまり、居合道や日本刀等の知識なんて[さっぱり無かった]ので、、、

    なんて書いても、今もまったく無いんだけれど、

    今、僕が日々の練習で使用している[]をメモしておきたいと思い。

    ちょっと、この場にアップさせて頂きます。

     

    ・刀名:美濃兼国正直(写)

    ・用途:道場練習用

    ・拵え:肥後拵え

    ・刃文:直刃

    ・刀身:樋あり薄口刀身

    ・刀身の全長:82.8cm[2尺7寸3分]

    ・刀身の刃長:77.5cm[2尺5寸6分]

    ・刀身の刃渡:75cm[2尺4寸7分]

    ・ハバキ:2.5cm

    ・刀身のみの重量:846g

    171022-132541_R.jpg

     

    いわゆる[2尺5寸]の[刀剣]と言えば、

    この寸法の[]の事を言うらしい。

    居合刀なんて、どれが自分に合っているのか?なんてわからないから、

    所属する会派の会長に同行して頂いて購入したんだけれど、

    僕の身長にあわせると一般の方より2cmほど長いらしい。

    にしても、腕が未熟なのか?刀が長いのか?はわからないけれど、

    当初、抜刀も納刀もうまくいかずに難儀してました。

    えっ?、今ですか?

    一応、毎日、朝5時30分に起床して1時間練習!

    就寝前に1時間練習しているので、

    何とか形になってきました!

    171022-132817_R.jpg

     

    この[]は、基本は道場での練習でしか使っていない。

    自宅で使用するのは、[素振り]で[素振りの確認]をする時。

    日本刀(居合刀や居合用模造刀)の振り方と

    剣道の木刀や竹刀の振り方は、

    まったくもって振り方が違ってて、

    未だに悩んでいる次第!

    171022-132642_R.jpg

     

    下の写真を見てもらうとわかる通り、

    刀身の部分に[]というモノが入っており、

    この[]とは、刀を剛性を高める為に[スジを入れている]らしいが、

    この[]が入っていると、正しく素振りができた時には

     

    ビュン!

     

    って、とっても気持ち良い音がするんだよね。

    (正しくない時も「ビュン」って音はするけど、

    正しい振り方をした時の音とは、まったく違う音

     

    だから素振りが楽しくなるんだけど、

    でも、未だに[素振り]に悩んでおりますです!

    あっ、因みに、先生や先輩たちは、[樋の音に騙されるな!]と言われますが、、ね。

    171022-132711_R.jpg

     

    いやぁぁ~!

    惚れ惚れする美しい切っ先です。

    居合用模造刀なので、[]は入っていないんだけど、

    納刀の時に何回か失敗して、左手に突き刺さっちゃって血が出て痛かった!

    [刃]が入っていなくても、やっぱ危ないね!

    171022-132735_R.jpg

     

     

    ・刀名:美濃熊刀剣

    ・用途:自宅練習用

    ・拵え:肥後拵え

    ・刃文:直刃

    ・刀身:樋あり薄口刀身

    ・刀身の全長:82.5cm[2尺7寸2分]

    ・刀身の刃長:76.5cm[2尺4寸5分]

    ・刀身の刃渡:74cm[2尺4寸5分]

    ・ハバキ:2.5cm

    ・刀身のみの重量:870g

    171022-133119_R.jpg

     

    こちらは、自宅練習用なのだ!

    道場練習用とは違って、1cm短くて、約30gほど重たい。

    たかが[1cm短い]って言っても、抜刀、納刀の時はズイブン違う!

    抜刀しやすく、また、納刀しやすい!

    つまり、扱いやすい刀なのだ!

    171022-133307_R.jpg

     

    じゃぁ!

    こっちの刀を道場練習用も兼ねて、一つに纏めりゃぁいいじゃん!

    なんて考えたことあるんだけれど、

    まぁ、[1cm長い道場練習用]を、より扱いやすくする為の補助刀なので、

    まずは、この刀を使いこなせてナンボ!なんて考えてますです!

    171022-133349_R.jpg

     

    毎日の練習で使っているのはこの刀なので、

    []の部分が色褪せてきてます。

    というのも、、、、

    [日本刀の握り方]と[剣道の握り方]も、

    まったく違うのです

    少年時代、剣道もやっていたので、

    当初は、どうしても剣道の握り方のクセが取れず、

    最近、やっとそのクセが修正されてきました。

    でも、無意識で握ると[剣道の握り方]になっちゃうんだよね。

    困ったもんだ!

    171022-133137_R.jpg

     

    先日、道場に練習に行った際、

    僕の同期(同じ日に入門した方)が、

    本身(刃の入っている日本刀)を購入したらしく、

    [試し切り]にハマっているとの事。

    「中山手さんも本身を購入して、一緒に試し切りしましょうよ!」

    「面白いですよぉ~!」だって!

     

    でもね。

    本身の日本刀って、一振り60~100万円もするんだぜ!

    彼が購入した本身は75万円だったらしい!

    僕に買える金額じゃない!

    ちなみに、Wifeに相談すらできない額だ!

    100%殺されちゃう!

     

    それに、趣味の包丁研ぎですら、研いだら試しに切りたくなるしさぁ!

    まして、日本刀なんて研ぎにだしたら1回20~30万円だっていうし、

    もったいないから自分で研ぐんだ!って

    頑張ってみたら[刃がボロボロ]になりそうだし、、

     

    僕は精神修養です!

     

    171022-133201_R.jpg

     

     

    この美しい輝き!

     

    僕はこれでジュウブンなのだ!

     

    171022-133209_R.jpg

     

    この自宅練習用の刃先もキレイなのだ!

    ちなみに、この居合刀は新古で譲ってもらいました。

    前に持っていた方は、夢想神傳流という居合流派をやられていた方で、

    1年前に始めたらしいんだけど、仕事上の都合でやめられたとの事。

    持っていても仕方ないからと彼の申し出金額[2.5万円]の半額以下で譲って頂きました。

    ちなみに彼の購入金額は[3.3万円]だったそうです。

     

    ラッキーなのだ!

     

    171022-133221_R.jpg

     

    ・刀名:摂州池田鬼神丸国重(写)

    ・用途:素振り用

    ・拵え:新選組 斉藤一拵え

    ・刃文:浪刃

    ・刀身:樋あり厚口刀身

    ・刀身の全長:81cm[2尺6寸7分]

    ・刀身の刃長:76cm[2尺5寸]

    ・刀身の刃渡:73.5cm[2尺4寸2分]

    ・ハバキ:2.5cm

    ・刀身のみの重量:925g

    171022-132022_R.jpg

     

    この居合刀は重い!

    同田貫と変わらない重さだ!

    だから、これで素振りをすると、

    非常に疲れるのだ!

     

    それにこの刀は、ちゃんと素振りができていないと音が鳴らないから、

    鳴ったら嬉しいけれど鳴らない回数の方が断然多いので困る。

    171022-132343_R.jpg

     

    居合を始めた何の知識もない頃、

    新選組3番隊 隊長の[斎藤一拵え]と言うことと、

    居合の素振りにどうぞ!ってことでオークションで落としたんだけど、

    今になって思えば、この居合刀と呼ばれる模造刀だけど、

    居合刀じゃないんじゃね?って思う。

     

    この柄を見てみても、??って思う。

    なぜなら、居合刀の[柄巻(絹などを巻いている)]は緩むことなんて、まずない!

    また、ハバキ(鍔と刀身の間にある金具)がちゃっちい!(銅じゃない)

    その他にも色々あるけど、

    やっぱ知識のないモノは、

    オークションで購入してはダメだ!

     

    Wifeの手前、

    失敗しました!なんて、絶対に言えないから

    一応、素振り練習の時は、一緒に携えて持って出てるけど、

    [居合刀]でなく[美術刀]だったら刀身が抜けてしまうことがあるらしいので、

    素振りの形を確かめる為(本当にゆっくり)と2回程度しか使わない。

    171022-132100_R.jpg

     

    この丸みをおびた刃先を見て鑑みるに、

    やはり、この刀は[美術刀]かもしれないな。

     

    今度、オークションで売っちゃおうかな?

    って言っても、オークションでモノ等を売った経験がないので、

    どうすれば良いんだろう??

    171022-132147_R.jpg

     

    なんて書きましたが、

    今、練習で使っている居合刀は、上記の3振りになるけど、

    実際に使っているのは、

    大満足している2振りです。

     

    そうそう!

    過日から[新陰流][夢想神傳流]等の本を読み漁っているんだけど、

    [正眼の構え]と言っても、剣道と同じ中段の構え[正眼の構え]もあれば、

    流派によって、まったく違う[正眼の構え]の構えもある

    [構え]ですが、同じ読み方でも構え方は、各流派マチマチ!

     

    それと一番の驚きは、

    各流派、抜刀と納刀のやり方が違うこと!

    (現在、調べている5流派は、5流派すべて違う)

     

    ちなみに、僕が所属している[無外流]では、

    TVや映画の時代劇のような[抜刀][納刀]のやり方はしない。

    時代劇のような[抜刀][納刀]方法なら見栄えも良いし恰好良いんだけどなぁ(笑)!

     

    ジョーダンです。

     

    では、寝ることとする!

    関連する記事
    コメント
    コメントする