ご近所パパさんの自転車[ハンドルカット]

2017.08.27 Sunday

0

    今年はシーズンでも、

    ほとんど自転車を乗らなかった僕が【家主】の中山手 線です。

     

    別に自転車に対しての情熱が無くなったわけではないんだけど、

    自宅から半径180km圏内での目的地が無くなっちゃって、

    それ以上の距離になると福島県や宮城県、群馬県、長野県、静岡県、、、

    24時間前後では帰ってこれない距離になるし、

    片道電車で行ったとしても、お金がかかるし、、、

    と戸惑っているうちに、今年も終わり近くになってきた次第。

     

    さてさて、

    今日は通勤自転車である[ジャイ子]のメンテナンスをする為に庭先にでたら

    「この自転車って、どうでしょうか?」とご近所のパパさんが声をかけてきたのだ!

    ・家主:おっ! ビアンキでこのカラーリングって珍しいですね。

    ・パパさん:そうなんですよ。それで購入したんですけどね。

    ・家主:僕もビアンキの定番カラーより、こちらのカラーの方が恰好良いと思いますよ!

    ・パパさん:そういってもらって安心しました!

    ・家主:あらら、僕なんかで大丈夫ですか?

    ・パパさん:クチャオ・パパは、その辺の自転車屋さんより確かなんで(笑)!

    170827-102137_R.jpg

     

    なんて立ち話をしていたんだけど、

    通常、クロスバイクの場合は、

    ハンドルが自分の肩幅にあっていないから、

    [ハンドルカットをした方が、より乗りやすくなりますよ!]

     

    お手間じゃなければ、カットしてください!

     

    おやおや、了解です!

     

    カットするまで30分ぐらいなので、

    30分後に取りに来てくれればOKです!

    って、パパさんの肩幅を計らせてもらってやね!

    170827-102146_R.jpg

     

    フレームのランク以上のパーツを使っているのは

    ビアンキだからか??

    ひと昔前のビアンキでは、有りえなかったんだけど、、、

    170827-102155_R.jpg

     

    取りあえず、シフトレバーとブレーキの位置をずらす為に

    ネジを緩めてやね!

    170827-102717_R.jpg

     

    あらら、、、

    高価なグリップ使ってるなぁ!!

    ジャイアントなら解るけど、ビアンキも右に倣えかぁ??

     

    170827-102815_R.jpg

     

    はい。

    ブレーキとシフトレバーを中央にズラして、

    グリップを取り外しました!

    170827-103201_R.jpg

     

    ハンドルの長さを計って、

    パパさんの肩幅に合わせた長さを算出しますです。

    170827-103225_R.jpg

     

    後は、ノコギリでギコギコ!

     

    これを両端ともに切断して[OK]!

    170827-104213_R.jpg

     

    ちなみに、アフター画面を撮影するのを忘れちゃったんだけど、

    30分後にパパさんが自転車を取りに来た時には、

    ハンドルが自分の肩幅にピッタリあった走りこごちに感動し、

     

    もっと、遠くまで走ってきますね!

     

    とかなり喜んで多摩川へポタリングに行かれました!

     

    一日一善!

     

    いやぁ〜!

    良い人、良い人、どうでも良い人と言うけれど、

    人が喜んでくれれば、何かしら嬉しい!

     

    【おまけ】

    パパさんに自転車を渡して、話をしている時

    パパさんの3歳になるアグリ君と言うお子さんが、

    自転車のおじちゃん!、パパの自転車強いんだよ!」と言いながら、

    切断したハンドルの切れ端のバリの付いた部分で、

    フレームをガリガリと気づ付けていた!

    僕たちが気づいた時は、すでに遅し!

     

    アグリ! お願いだからヤメテ!

    とパパさんは叫んだけど、

    顔色も変わっており、心の中でかなり泣いているのが解った!

     

    マジ偉いなぁ!!

    僕だったら、自分の子供ならなおさら

    その場で張り倒しているんだけど、

     

    パパさんは、傷つけられば箇所を撫でながら、

    あぁ〜、、、、」と言葉にならいままでいた。

     

     

    では、寝ることとする。

    コメント
    コメントする