練習で使う居合用模造刀

2017.10.22 Sunday

0

    台風が来るらしく、昨日から大雨で暇なので、

    居合用模造刀の手入れでもしようと考えた僕が【家主】の中山手 線です。

     

    以前に、僕の所有している居合用模造刀を紹介したことがあったんだけど、

    あの頃は、道場に通い始めたばかり、

    つまり、居合道や日本刀等の知識なんて[さっぱり無かった]ので、、、

    なんて書いても、今もまったく無いんだけれど、

    今、僕が日々の練習で使用している[]をメモしておきたいと思い。

    ちょっと、この場にアップさせて頂きます。

     

    ・刀名:美濃兼国正直(写)

    ・用途:道場練習用

    ・拵え:肥後拵え

    ・刃文:直刃

    ・刀身:樋あり薄口刀身

    ・刀身の全長:82.8cm[2尺7寸3分]

    ・刀身の刃長:77.5cm[2尺5寸6分]

    ・刀身の刃渡:75cm[2尺4寸7分]

    ・ハバキ:2.5cm

    ・刀身のみの重量:846g

    171022-132541_R.jpg

     

    いわゆる[2尺5寸]の[刀剣]と言えば、

    この寸法の[]の事を言うらしい。

    居合刀なんて、どれが自分に合っているのか?なんてわからないから、

    所属する会派の会長に同行して頂いて購入したんだけれど、

    僕の身長にあわせると一般の方より2cmほど長いらしい。

    にしても、腕が未熟なのか?刀が長いのか?はわからないけれど、

    当初、抜刀も納刀もうまくいかずに難儀してました。

    えっ?、今ですか?

    一応、毎日、朝5時30分に起床して1時間練習!

    就寝前に1時間練習しているので、

    何とか形になってきました!

    171022-132817_R.jpg

     

    この[]は、基本は道場での練習でしか使っていない。

    自宅で使用するのは、[素振り]で[素振りの確認]をする時。

    日本刀(居合刀や居合用模造刀)の振り方と

    剣道の木刀や竹刀の振り方は、

    まったくもって振り方が違ってて、

    未だに悩んでいる次第!

    171022-132642_R.jpg

     

    下の写真を見てもらうとわかる通り、

    刀身の部分に[]というモノが入っており、

    この[]とは、刀を剛性を高める為に[スジを入れている]らしいが、

    この[]が入っていると、正しく素振りができた時には

     

    ビュン!

     

    って、とっても気持ち良い音がするんだよね。

    (正しくない時も「ビュン」って音はするけど、

    正しい振り方をした時の音とは、まったく違う音

     

    だから素振りが楽しくなるんだけど、

    でも、未だに[素振り]に悩んでおりますです!

    あっ、因みに、先生や先輩たちは、[樋の音に騙されるな!]と言われますが、、ね。

    171022-132711_R.jpg

     

    いやぁぁ~!

    惚れ惚れする美しい切っ先です。

    居合用模造刀なので、[]は入っていないんだけど、

    納刀の時に何回か失敗して、左手に突き刺さっちゃって血が出て痛かった!

    [刃]が入っていなくても、やっぱ危ないね!

    171022-132735_R.jpg

     

     

    ・刀名:美濃熊刀剣

    ・用途:自宅練習用

    ・拵え:肥後拵え

    ・刃文:直刃

    ・刀身:樋あり薄口刀身

    ・刀身の全長:82.5cm[2尺7寸2分]

    ・刀身の刃長:76.5cm[2尺4寸5分]

    ・刀身の刃渡:74cm[2尺4寸5分]

    ・ハバキ:2.5cm

    ・刀身のみの重量:870g

    171022-133119_R.jpg

     

    こちらは、自宅練習用なのだ!

    道場練習用とは違って、1cm短くて、約30gほど重たい。

    たかが[1cm短い]って言っても、抜刀、納刀の時はズイブン違う!

    抜刀しやすく、また、納刀しやすい!

    つまり、扱いやすい刀なのだ!

    171022-133307_R.jpg

     

    じゃぁ!

    こっちの刀を道場練習用も兼ねて、一つに纏めりゃぁいいじゃん!

    なんて考えたことあるんだけれど、

    まぁ、[1cm長い道場練習用]を、より扱いやすくする為の補助刀なので、

    まずは、この刀を使いこなせてナンボ!なんて考えてますです!

    171022-133349_R.jpg

     

    毎日の練習で使っているのはこの刀なので、

    []の部分が色褪せてきてます。

    というのも、、、、

    [日本刀の握り方]と[剣道の握り方]も、

    まったく違うのです

    少年時代、剣道もやっていたので、

    当初は、どうしても剣道の握り方のクセが取れず、

    最近、やっとそのクセが修正されてきました。

    でも、無意識で握ると[剣道の握り方]になっちゃうんだよね。

    困ったもんだ!

    171022-133137_R.jpg

     

    先日、道場に練習に行った際、

    僕の同期(同じ日に入門した方)が、

    本身(刃の入っている日本刀)を購入したらしく、

    [試し切り]にハマっているとの事。

    「中山手さんも本身を購入して、一緒に試し切りしましょうよ!」

    「面白いですよぉ~!」だって!

     

    でもね。

    本身の日本刀って、一振り60~100万円もするんだぜ!

    彼が購入した本身は75万円だったらしい!

    僕に買える金額じゃない!

    ちなみに、Wifeに相談すらできない額だ!

    100%殺されちゃう!

     

    それに、趣味の包丁研ぎですら、研いだら試しに切りたくなるしさぁ!

    まして、日本刀なんて研ぎにだしたら1回20~30万円だっていうし、

    もったいないから自分で研ぐんだ!って

    頑張ってみたら[刃がボロボロ]になりそうだし、、

     

    僕は精神修養です!

     

    171022-133201_R.jpg

     

     

    この美しい輝き!

     

    僕はこれでジュウブンなのだ!

     

    171022-133209_R.jpg

     

    この自宅練習用の刃先もキレイなのだ!

    ちなみに、この居合刀は新古で譲ってもらいました。

    前に持っていた方は、夢想神傳流という居合流派をやられていた方で、

    1年前に始めたらしいんだけど、仕事上の都合でやめられたとの事。

    持っていても仕方ないからと彼の申し出金額[2.5万円]の半額以下で譲って頂きました。

    ちなみに彼の購入金額は[3.3万円]だったそうです。

     

    ラッキーなのだ!

     

    171022-133221_R.jpg

     

    ・刀名:摂州池田鬼神丸国重(写)

    ・用途:素振り用

    ・拵え:新選組 斉藤一拵え

    ・刃文:浪刃

    ・刀身:樋あり厚口刀身

    ・刀身の全長:81cm[2尺6寸7分]

    ・刀身の刃長:76cm[2尺5寸]

    ・刀身の刃渡:73.5cm[2尺4寸2分]

    ・ハバキ:2.5cm

    ・刀身のみの重量:925g

    171022-132022_R.jpg

     

    この居合刀は重い!

    同田貫と変わらない重さだ!

    だから、これで素振りをすると、

    非常に疲れるのだ!

     

    それにこの刀は、ちゃんと素振りができていないと音が鳴らないから、

    鳴ったら嬉しいけれど鳴らない回数の方が断然多いので困る。

    171022-132343_R.jpg

     

    居合を始めた何の知識もない頃、

    新選組3番隊 隊長の[斎藤一拵え]と言うことと、

    居合の素振りにどうぞ!ってことでオークションで落としたんだけど、

    今になって思えば、この居合刀と呼ばれる模造刀だけど、

    居合刀じゃないんじゃね?って思う。

     

    この柄を見てみても、??って思う。

    なぜなら、居合刀の[柄巻(絹などを巻いている)]は緩むことなんて、まずない!

    また、ハバキ(鍔と刀身の間にある金具)がちゃっちい!(銅じゃない)

    その他にも色々あるけど、

    やっぱ知識のないモノは、

    オークションで購入してはダメだ!

     

    Wifeの手前、

    失敗しました!なんて、絶対に言えないから

    一応、素振り練習の時は、一緒に携えて持って出てるけど、

    [居合刀]でなく[美術刀]だったら刀身が抜けてしまうことがあるらしいので、

    素振りの形を確かめる為(本当にゆっくり)と2回程度しか使わない。

    171022-132100_R.jpg

     

    この丸みをおびた刃先を見て鑑みるに、

    やはり、この刀は[美術刀]かもしれないな。

     

    今度、オークションで売っちゃおうかな?

    って言っても、オークションでモノ等を売った経験がないので、

    どうすれば良いんだろう??

    171022-132147_R.jpg

     

    なんて書きましたが、

    今、練習で使っている居合刀は、上記の3振りになるけど、

    実際に使っているのは、

    大満足している2振りです。

     

    そうそう!

    過日から[新陰流][夢想神傳流]等の本を読み漁っているんだけど、

    [正眼の構え]と言っても、剣道と同じ中段の構え[正眼の構え]もあれば、

    流派によって、まったく違う[正眼の構え]の構えもある

    [構え]ですが、同じ読み方でも構え方は、各流派マチマチ!

     

    それと一番の驚きは、

    各流派、抜刀と納刀のやり方が違うこと!

    (現在、調べている5流派は、5流派すべて違う)

     

    ちなみに、僕が所属している[無外流]では、

    TVや映画の時代劇のような[抜刀][納刀]のやり方はしない。

    時代劇のような[抜刀][納刀]方法なら見栄えも良いし恰好良いんだけどなぁ(笑)!

     

    ジョーダンです。

     

    では、寝ることとする!

    素振り

    2017.06.25 Sunday

    0

      朝目覚めると当時に

      釣りに行くことや自転車に乗ることはあっても、

      運動をすることは何十年ぶりの

      僕が【家主】の中山手 線です。

       

      [居合刀(模造刀)]とは言え、

      本物の[日本刀]と比べたら、

      大きくわけて[刃が入っていない]ことと、

      [刀身の材質が違う]ことぐらいで、

      [重量はほとんど同じ]のモノを使って、

      100本の素振りをすると、胸と腕がパンパンに張ってしまいます。

       

      まぁ、100本の素振りって言っても、

      下手な僕が10本を10セットなので

      たいしたことないんだけど、

      それでも[50歳過ぎの身体]には、

      慣れるまでが、ちと辛い!(笑)

       

      昔は、

      腕立て伏せ5種類、腹筋3種類、背筋3種類、

      ヒンズースクワット等を

      毎日各1000回こなしていたんだけど、、、

      今では、遠い思い出になってしまったぜ!(笑)

       

      にしてもだ!

      今から100年前ぐらいまでの方々は、

      良くもまぁ~、こんな重いモノを振り回していたな!

      感心してしまう。

       

      僕の[居合刀(模造刀)]は[2尺5寸(75cm)]で[1kg強]

      通常より、少し長いらしく、かつその分、少し重いとの事。

       

      でも、あの室町時代~戦国~徳川家康の時代前後まで、

      大力と言われる武将が、実際に振り回していた刀は、

      四尺二寸(1m27cm)[4~6kg前後らしい]の大太刀を手にして、

      三尺八寸(1m15cm)[3~4kgらしい]の持ち添え太刀を

      何振りも、背負って戦ったと言うからビックリだ!

      それに鎧を着てたでしょ!

       

      身長だって、

      戦国時代はまだ現代に近しい身長だったかもしれないけれど、

      それでも平均身長が[165~168cm前後]だから、

      そんな人が、何十キロもある鎧を着て、

      とてつもなく長くて重い[大太刀]を何本も背負いながら戦ったと言うんだから、

      昔の方は、どれだけ体力あったんでしょうか?

      それも殺し合いでしょ!

       

      そんな事ばかりを考えてながら

      今日も、素振りをしてました。

      にしても、難しいですです!

      170601-223806_R.jpg

       

       

       

      【ここで一句】

       

      ヨシ! 振れた!

       

      マンガだったら

       

      次も ヨシ!

       

       

      では、寝る事とする!

      居合刀

      2017.05.27 Saturday

      0

        ハマっちゃうと、ある程度まで深堀りしてしまう

        僕が【家主】の中山手 線です。

         

        居合道の練習する場所が無いので、

        Wifeに内緒で、ちょこっと庭で刀を振っていたら、

        前のマンションに住まわれているファミリーの方々から

        「ステキ!」「カッコイイ!」「刀を触らせて!!」

         

        好評と言うわけではないんだけれど、

        ・家主:ここ(自分ちの庭)で練習してもいいですかね?

        ・みなさん:練習している姿を見たいから良いわよぉ!

        ・家主:実は、嫁さんに危ないから!と言われてて、、、

        ・みなさん:パパさんは、お酒飲まなければ危なくないから大丈夫だよ!

        ・家主:あっ、そういうことね!

            でも、有難うございます!

        ある程度の認知を頂いたみたいで良かったです。

         

        まぁ、野菜できたら食べきれないのでもらって頂いているし、

        魚釣ってきたら、やはり食べきれないので引き取ってもらってるし、

        ワンコの散歩は、時々、一緒に行ってるし、、、

        ご近所付き合いは[大切]です!

         

        さてさて、

        二刀流の練習から入ったもんだから、脇差が必要になり、

        急遽、Wifeに内緒でオークションで購入しちゃいました。

        [毎回、会長からお借りするのも申し訳ないし、

        前のblogで写っている写真に差しているいる脇差は(本物の日本刀)なので、

        まだ納刀になれていない僕では、納刀時に指を切ってしまいそうで怖い!

        なので、急遽、オークションなのだ!]

        ってなことで、2本増えました。

        一番下の脇差は、元々持っていた脇差(小刀)で、

        これは居合用ではなく、装飾用の脇差です。

        170527-214654_R.jpg

         

        刀を抜くと、こんな感じ!

        真ん中の脇差は、落札金額[3,000円]と安かったんだけど、

        知識のない僕なので、失敗しちゃったのだ!

        っていうか、、オークションの写真だけでは判断できない。

        上の写真を見ての通り、鞘の一部が壊れており、

        また、鞘の色だが、ラッカーで上塗りしてました!

        (数日後、ピナさんが欲しがったのであげちゃいましたです)

        ガックシ!

        170527-214745_R.jpg

         

        こちらが練習でも使っている脇差で、

        今のお気に入りなのだ!

        この[直刃小乱れ波紋]が素晴らしい!

        とは言え、新品ではありません。

        新品なら2万円ぐらいするんだけれど、

        前の持ち主も居合道で使っていたらしく、

        今回、買い替えとの事で[5,000円]で譲ってもらいました。

        ラッキーですです!

        170527-214845_R.jpg

         

        こちらが失敗しちゃった脇差です。

        [直刃一文字波紋]って言うのかな?

        まだ日本刀の知識が無いので、表現が解らない、、、。

        170527-214828_R.jpg

         

        こちらは装飾用の模造刀[脇差]です。

        昔、刃先をサンダーで削って、誰もいない山の中で木の枝を試し切りしてました。

        あっ、何も知らない[20年前の事]です。

        今は、そんなことは一切してません!

        捨てるに捨てれずに、まだ持っておりますです(苦笑!)

        170527-214902_R.jpg

         

        普段置いている[刀掛け]に各刀を置いている写真です。

        因みに、残念だけどWifeとワンコ達は一切興味を示しません!

        170601-223728_R.jpg

         

        カッコイイなぁ〜!

        これって男のロマンなのかな?

        ん??

        僕だけかな?

        170601-223806_R.jpg

         

        抜き身で[刀掛け]に置くと異様な雰囲気です。

        サスガにこれには、興味のないWifeもお怒りになりますが、

        僕的には、こちらの方がカッコイイ!

        170601-224046_R.jpg

         

        ちょっと、柄の部分をアップなのだ!

        やっぱ、一番上の装飾用の[柄]

        それ以外の居合用の[柄]では、作りが違うね!

        170601-224059_R.jpg

         

        この光にロマンを感じてしまう!

        Wifeが言うとおり、

        やっぱ、僕って、ちょっとオカシイ奴?

        170601-224105_R.jpg

         

        くり返しになってしまうけれど、

        最終的に、この3本が居合道の練習で使っている日本刀になります。

        170601-224209_R.jpg

         

        大刀の2本になります。

        [鞘]および[抜き身]ともに、[左側]の大刀が[二尺五寸(75cm)]

        鞘]および[抜き身]ともに、[右側]の大刀が[二尺四寸五分(74.5cm)]

        [右側の大刀]は、0.5cmと短いんだけど、[刀の反り]は[左側]よりあるぶんなのか?

        振った時に「ビュン!」って音が、あまりしないのです。

        まだ、僕の振り方がNGなのかもしれませんが、、、

        170527-215413_R.jpg

         

        こちらは道場で練習する際に使用している[左側]の居合刀。

        道場の会長に同行して頂き、僕の身体に合わせて新品で購入したモノなので、

        やはり、振った時に「ビュン!」と音がして気持ちがいい!

        170527-215328_R.jpg

         

        やっぱ、この居合刀が一番だな!

        [直刃波紋]ってのかな?、素晴らしい!

        一応、名前を付けなきゃ!ってことで

        同じ無外流の[剣客商売]というTVから頂いてだね。

         

        大治郎君!

         

        170527-215339_R.jpg

         

        こちらは[5,250円]で落札して入手した中古の居合刀なんだけど、

        新選組3番隊長の[斎藤一氏]拵えの居合刀との事。

        [斎藤一氏]も[無外流]だったらしいと言われていて、

        自宅練習用に購入してしまいました。

         

        あっ、Wifeには内緒ですです!

        バレたら必ず、シバカレル!

         

        が、リビングの刀掛けにかけてはいるんだけど、

        まったく興味がないので、まったく気づいていないのだ!

        ワッハッハー!

        灯台下暗しってこのことだな(笑!!)

        170527-215247_R.jpg

         

        にしても、中古にしてはかなりキレイです!

        居合刀として所持していたらしいのですが、

        居合道を初めてすぐに、やめたらしい、、、

        お買い得でしたが、この居合刀は難しい!

        僕の振り方が悪いのか?

        反りがある分、音がでないのか?

        いずれにしても、かなりの修練が必要だな!

        あっ、彼の名前は、[はじめ君]です。

        170527-215314_R.jpg

         

        ってことで、刀3兄弟。

        一番右は、前のblogにも紹介した[装飾用の模造刀]です。

        装飾用とも知らずに、昔、カラテで使ってました。

        こちらも捨てるに捨てれずに、まだ所有してますです。

        170527-214619_R.jpg

         

        居合で、級や段を取るつもりはないんだけど、

        練習をすればするほど、奥の深さに関心します。

        そもそも、そもそも、

        Wifeに「心療内科に通うように絶対命令(アルコールの飲み過ぎ)され」たんだけど、

        心療内科に行くんだったら!と言う事で居合道をはじめさせて頂きましたが、

        いやいや、深いですなぁ〜、、、

         

        先日、[新選組2番隊長_長倉新八「新選組顛末記」]を読み終わり、

        今は、[柳生宗矩著「新陰流兵法家伝書」]を読んでますが、

        なんか仏教の経典よりハマってしまいました!

        なかなか難しいです!!

         

         

        【ここで一句】

         

        理論より

         

        身体の動作

         

        その妙味

         

         

        では、寝る事とする。

        居合道

        2017.05.03 Wednesday

        0

          アルコール依存症で精神病院に通うよりかは、

          何かしらの武道で精神修養をした方が良いと考えた

          僕が【家主】の中山手 線です。

           

          まぁね!

          アルコール依存症と言うよりは、

          別に、毎日アルコールを飲んでいるわけではないんだけれど、、、

          【Wife】曰く、アルコールを飲んだ後のたちが悪いらしい、、、、、。

           

          でね。

          前にも書いたけれども、もう歳だし、、、

          今更、カラテに戻るのもね!

          ってな事で、居合道を選択した次第です。

           

          もう少し、詳しく書くと、

          僕が中学の頃、叔父が剣道八段で、全国大会でも優勝された方で、

          何も解らない僕に、新選組の天然理心流の構えと型を教えてくれたんだけど、

          それが厳しかったもんだから、

          余計に剣道が嫌いになって中学の剣道部の部活に出なくなったことだけを覚えてる。

           

          でも、今から考えると、、、

          剣道と居合は、まったく違うんですよね。

           

          今回、色々な道場へ見学に行ったんだけれど、

          刀の振り方が剣道の振り方なので、「その振り方は違う!」と言われた。

          仕事でもそうだけれど、やはり流儀ってあるんだよね。

          であるならば!、できる上司について教わった方が良い!と思い、

          教えてもらいたい流派より、

          教えてもらいた先生を探して、

          幾つかの道場に見学に行ってきました。

           

          因みに、教わりたかった流派は、

          /訓⇔

           柳生新陰流で有名だからではなく、[柔よく剛を制す]の体系で構築された流派なので、

           隙を見せて、そこを狙わせて、打ってきたその返し技が素晴らしい!らしい。

           僕の性格的にも、合っているのかな?と思ったんだけど、良い先生と会えなかった。

          天然理心流

           多少なりとも下地があるので、素人よりも良いだろうと思ったんだけど、

           自宅の近くに道場がないのであきらめた。

          心形刀流

           歴史書を読む限り、この流派の理念が好きなんだけれど、

           やはり、自宅の近くに道場がないのであきらめました。

           

          でも、他にも色々な流派の道場の見学に行ったんだけれど、

          教わりたい!と思った先生が、たまたま無外流だった!

           

          そうそう、日本刀って、所持する人の身長によって適正な長さがあるんだって!

          そんなことも知りませんでした!

          僕が所属する会の会長が直々に、僕の刀を購入する為に同行して頂いて、

          僕の身長にあう刀を選んでくださいました。

          それが2尺5寸[約75cm]らしいのです。

           

          170512-232724_R.jpg

           

          見た目は、どうってことないんだけれど、

          普通の型の型なの長さより、1〜2cm長いらしい。

          170512-232745_R.jpg

           

          この写真じゃわかんないよね。

          ちなみに、剣道の木刀は73cmです。

          それより2cm長い。

          つまり、抜きにくいし、納めにくいのです。

          実際、練習で作法通りの抜き方で抜いてみたけれど、

          抜くのに工夫が必要なのです。

          僕の身体にあっているらしいのですが、

          僕の身長と手の長さでも、工夫がなければ抜きにくい!

          170512-232823_R.jpg

           

          下の刀は、元々持っていた模擬刀です。

          多分、元々持っていた模擬刀は、一般的長さの74cm前後じゃないかな?

          74cmなら、ササっと抜けるんだけれどね!

          1cmの長さは辛いです。

          170512-232952_R.jpg

           

          ハバキ部分です。

          まだ新しいからキレイだけど、

          やっぱ居合刀なので振っても抜けない様にキチンとしてますね。

          170512-232848_R.jpg

           

          こちらは刃の部分です。

          外に出て、この刀を振れないし、

          とは言って、家の中は振るような広さはないし、、、、

          練習するのに困っておりますです!

          170512-232908_R.jpg

           

          どうでしょうか?

          美しい波紋じゃないでしょうか?

          170512-232904_R.jpg

           

          こちらは、居合刀ではなく、純然たる模擬刀(美術刀)です。

          やっぱ、材質の違いは一目瞭然ですよね。

          170512-232941_R.jpg

          こちらは[波刃]なので、見栄えは良いのですが、

          ちゃっちいです。

          170512-232930_R.jpg

           

           

          初めて道着を着たので、かなりダラシナイですが、

          こんな感じです。

          にしても、刀は重い!

          昔の方々は、良くもまぁ、、、、、

          こんな重いモノを身に着けて歩いてたと思うと、、、

          50肩ならぬ、50腰にならなかったのかな?と思ってしまいます。

          170503-133330_R.jpg

           

          練習の初日から、何故か?

          二刀流の練習もさせて頂きました。

          あっ、無外流って、元々、二刀流だったので、

          ここ無外流では、二刀流の練習もします。

          但し、通常は一刀を修めた方が二刀に入ると聞いたのですが、、、

          また、因みに、宮本武蔵の二刀流よりも前に編み出された流派との事です。

          170503-134042_R.jpg

           

           

          【では一つ】

           

          形だけ

           

          目に見えるのは

           

          形だけ

           

          心の形

           

          はやく見たいな?

           

           

          それでは、次回!

          1