ニャンコ[小鉄ファミリー]

  • 2016.09.27 Tuesday
  • 23:45

未だに[可愛がる]ことと[甘やかす]ことの[明確な違い]が解らない、

僕が【家主】の中山手 線です。

 

ではでは、早速です!

月に1度の[お墓参り]にやってきました!

 

クチャオ君は、久しぶりに[車いす]を装着しての散歩です。

やはり、自転車や乳母車に乗る散歩よりかは、

直にあるく[車いす]を装着しての散歩の方が[嬉しい!]ようです!

 

今年の12月で[12歳]になるから、

もう少し、[楽に歩ける車いす]を考案してあげないとダメだな!とつくづく感じるこの頃!

160927-162611_R.JPG

 

エクボちゃんは、クチャオ君より1つ下なので、今年の6月で[11歳]になったんだけど、

鼻の周りが、もともと白いので歳を感じさせない顔をしてます。

まぁ、ダックでこの体毛[パイボールド]は数少ないんだけど、

ちなみに、この子が産んだ子供の大半は[ブラックアンドタン]でした。

まぁ、レッドのクチャオ君との子供だから、ブラタンが当然かもしれないけど、

1匹ぐらいは[パイボールド]が生まれても良かったと思うが、

この体毛をだすには、ブリーダーでも難しいらしい。

160927-162633_R.JPG

 

さて、話は変わって、

お墓参りが済んだ後、久しぶりに[小鉄に会いにいくか!]と二人に問いかけると、

解っているのか?、解っていないのか?、近寄ってきてお座り!

 

きっと小鉄に会いたいんだな!

 

ウソです!

実は、目の前に[オヤツ]をチラつかせてます!

160927-162721_R.JPG

 

それにしても、ここの霊園は、いつきても道端に綺麗な花が咲いていて、

季節を感じさせてくれます。

 

ちなみに、この花は水仙かな??

 

花の名前すら知らない僕ですが、

でも、キレイな花には心魅かれます!

160927-165453_R.JPG

 

さてさて、広大な霊園の一部を一周後、

久しぶりに、[小鉄がいるエリア]に行ってみることにしました。

 

ん??、誰だお前??

 

毛並みは、[小鉄]に似ているんだけれど、両目がある!

小鉄の子供かな??

160927-171803_R.JPG

 

小鉄っぅ〜!

 

出てきました!

呼べば出てくる賢いニャンコなのだ!

ちなみに、彼女と初めて会った時は、マジでビビりました!

なんせ左目がなくてクロネコなので、悪魔の使いか!と、、、

その後、[小鉄]と名付けて呼べば来るので可愛くなっちゃったんですです!

DSC_0095_R.JPG

 

前回来た時は、[小鉄]のお腹は大きかったので子供を産んだと思うんだけれど、

今は、かなり痩せちゃいました!

あっ、廻りにいるニャンコは、皆、小鉄の子供です。

下の写真の2人は、昨年生まれた子供だと思います。

160927-171913_R.JPG

 

皆、呼べば寄って来てくれるんだけれど、

僕の後ろにクチャオ君とエクボちゃんがいる中で、勇気をだして寄ってきたニャンコは[アントニオ]君!

この子は、本当に人懐っこいニャンコなんです!

160927-171928_R.JPG

 

ほらね!

 

オヤツを手にしたら、そのまま食べちゃいます!

Wife曰く、[野良でここまで人懐っこいニャンコは珍しいらしい!]

僕は、ニャンコのことをほとんど知らないので、そんなもんなのかなぁ??的ですが、、、

160927-171935_R.JPG

 

[アントニオ]に丸いクッキーをあげたら遊びだしました!

やっぱり、まだ子供なんだよね!

許されるなら[小鉄ファミリー]を皆、我が家に招待したいくらいです!

・Wife:小鉄ファミリーって、解っているだけでも10匹はいるのよ!

160927-171955_R.JPG

 

[アントニオ!]こっち見て!

 

遊ぶのを止めて、ちゃんと見てくれます!

我が家のクチャオ君とエクボちゃんより賢い!

160927-172003_R.JPG

 

ヨシヨシ! 偉いぞ!

 

どこを触っても怒りません!

この子って、本当に可愛い!

160927-172053_R.JPG

 

でも、なんですなぁ、、、

ニャンコって、仕草は可愛いけれど、

[目つきが可愛くない!]

やっぱ、トラやライオンを想像してしまいます。

160927-172057_R.JPG

 

小鉄ファミリーが揃いました。

今、写真に写っている子供達以外に、後ろに3匹の子猫が様子を見ています。

多分、今年に生まれた子供だと思うんだけど、まだ小さいニャンコです。

僕の後ろにクチャオ君とエクボちゃんがいるので警戒して出てきません!

160927-172827_R.JPG

 

でも、なんだな!

小鉄に似ているニャンコは、小鉄の息子なのかな?

ムチャ、太々しいネコです。

あっ、ちなみに[小鉄の旦那]は、[アントニオ]と同じ毛並みをしてます。

今、ここには写ってないですけどね!

160927-172900_R.JPG

 

でも、この[小鉄ファミリー]のニャンコたちは、

人懐っこくて、マジで可愛いニャンコです。

[小鉄の教育の賜物]なのでしょうか?

 

偉いぞ! 小鉄!

 

 

【ここで一句】

華は華!

ワンコもネコも

なお可愛い!


では、寝ることとする。

アンジェリーナの成長 2

  • 2014.07.19 Saturday
  • 12:04
猫に小判。
僕にお札。
「小銭はじめ」と呼ばれて、今年で50年。
貯金箱には、一円玉と五円玉ばかり、、、
集めては、おはじきやって遊んでます。
なんのこっちゃ!。

さてさて、アンジェが我が家に来てから15日ほど経ちました。
いつも野良猫と思えない寝かたで寝ています。
hdr_00739_0.jpg
そうそう。
掛かりつけの動物病院の先生から聞いたんだけど、
今年は「猫の出産数が例年以上に多かった」らしい。
けれど暑さのせい?で、「例年以上に子猫が亡くなっている」とのこと。

またまた話がとんで、、
アンジェが我が家に来た時は約400gしかなかったけれど、
この15日ほどで850gに増えたので、先生曰く「もう大丈夫!」とのこと。
この子は、運が良い猫だね!」とのお墨付きを頂きました!。

アンジェ!、その運を僕にくれませんか?
hdr_00747_0.jpg
そうそう!。
この間、ワンコ達と同様にアンジェの「まゆ毛」と「ヒゲ」を切ったら、、、
Wifeに怒られ、動物病院の先生に注意され、、
散々な目にあいました!。

動物病院の先生曰く、、
猫の「まゆ毛」と「ヒゲ」を、なぜ?切ってはいけないのか!というと、
猫は目の前にある(直近の)モノに「焦点を合わすのに時間がかかる」らしい。
だから、まゆ毛やヒゲがセンサーになっているとのこと。
ライオンやトラも同じなのかな?

ワンコには詳しいけれど、猫のことはサッパリわからない僕。
まぁ、アンジェは外にでないから、まゆ毛とヒゲが伸びるのを待ちましょう!。
hdr_00754_0.jpg
それにしても、すっかり安心しまくってるアンジェです。
近寄っても半目を開ける程度で、逃げません。
Wife曰く、ワンコ同様、猫も飼い主を覚えるとのこと。
そんな事すら知らなかった。
hdr_00756_0.jpg
幼い頃、小児喘息だったので「猫の毛が大嫌い」で、
いつしか「大の猫嫌い」になっていたから、
猫のことは、まったくわかりません。

数年前、防波堤で釣りをしている時、
釣った魚を水汲みバケツに入れていたら野良猫に何匹か持っていかれて、、、
そんな事が数回あり、猫嫌いに拍車がかかってしまった。

もちろん!。
アンジェが我が家に来てからは、猫嫌いではありません
「野良猫保護しよう会」でも立ち上げようかな?くらいの思いです。

Wife「アナタは<猫が好きになった>のではなく、捕獲することが面白いんでしょ?」
僕「正解です!」と声を出して言えないんだけど、
まっ、「猫嫌い」ではなくなりました!。
アンジェ可愛いし!
でも、捕獲することも大好きです。
これは釣りでも、虫でも、何でもそうだけれど、捕らえることは大好きです!
あの駆け引きがたまらん!です。

そうそう、虫下しワクチンを注射してもらったとのこと。
ウンチ君と一緒に<どでかいサナダムシ>らしきギョウチュウが何匹かでてきました。

アンジェリーナの成長

  • 2014.07.16 Wednesday
  • 06:57
アンジェが我が家に来てからは、Wifeはアンジェが第一番。
ワンコ達が2番、3番。
次に、菜園の野菜達が4番、5番で、
この僕は、6番目の最下位に落ちてしまいました(苦笑)。

どこの家庭でもそうだと思うけれど、
もれなく我が家も、Wife中心の家庭です。
これが一番の仕組みですな。

話は変わって、
アンジェは、我が家に来た数日前と比べたら、
動物病院の先生からもらってきた薬のおかげもあり、数日の間で肉体的にもかなり回復しました。
精神面は??ですが、Wifeに抱きつくと離れません。
母猫と勘違いしてるのかな?。
<<眼の辺りの涙焼けも回復の兆しをみせてます>>
hdr_00728_0.jpg
この子は、本当に野良猫だったのか?と思うほど、
ゲージの外に出しても、逃げる事無くソファーでひとり寝てます。
ちょっと、変わってる猫?
hdr_00729_0.jpg
ゲージに入れば、入ったで、、、
僕やWifeやワンコ達に関係なく、仰向けになって熟睡状態です。
近寄っても、起きません!
お前、ホントに野良猫だったのかよ!。
hdr_00741_0.jpg
挙句の果てに、クチャオと戯れて遊んだり、
クチャオに舐められながらジッとしてます!。
母猫と兄弟と一緒にいる時を思い出している??。
image-0fa922f2091371d10e78f64fddf6cf52b7b57560e3112a0a235c834cea73b9e6-V.jpg
猫って、どこかの隅に逃げる!と思っていたけれど、
クチャオと一緒になって、ソファーの上から離れません。
まぁ、たまに「野良猫の血?が騒ぐのか?」、見える場所(アンジェには見えない場所かも?)へ逃げ込むときもあるけれど、
クチャオやエクボ達に見つかって、捕まっちゃいます。
カクレンボでもしてるのかな?って思うくらい。
image-2871c62731da95a938fb4a13848a6c2e3b3bb25e6ed36d2846ad80b35632f37b-V.jpg
たまに、テレビの下にもぐりこんだ時は、猫じゃらしを見せると出てきます。
本能には勝てない?。
でも、遊ぶ姿が可愛い!。
まぁ、人間、動物関係なく、子供は可愛いんだけどね。
hdr_00746_0.jpg
卓球のボールをワンコの皿へ入れると、遊び道具と勘違いして狙って近寄ってきます。
image-7b6b46bf99606788d8e8cf5c72407847a145a16dd916f71110cff70742399dfe-V.jpg
コロコロと手玉に取って遊ぶ姿を見ると和みます。猫は皆、こうやって遊ぶらしい。
猫を知らない僕からすると、テレビぐらいしか見たことないけど、ナマは、やはり、かわゆいのぉ!です。
image-2d99f07c312305f4ddc196d4cb11b6fd084c9c58830dcc8c68163da8b6843a57-V.jpg

memo)
野良の子猫なので心配してたけど、
すくすく育って良かったです!。
そうそう、アンジェがご飯食べてる時に触ってみたら、何も言わずに黙々とご飯を食べる姿にはビックリしました!。
ウチのワンコ達は、その様に教育したんだけれど、野良の子猫が!っと!。

子猫を保護しました!

  • 2014.07.08 Tuesday
  • 23:33
雨が降れば、カッパ着る!
もとい、「雨が降れば、傘をさす!」でした。
この言葉は「松下幸之助氏の言葉」として有名なんですが、
経営者でも商売人でもない!僕は、駅まで自転車通勤をしている関係で、
言葉通りの「雨が降れば、カッパ着る」です(なんのこっちゃ!)。

ほいほい!、この日の朝から電車の中で「今週の土曜日の過ごし方」を考えていて、
またまた自転車で<小田原へツーリング>に行こうか?、
はたまた多摩川へ<ハゼ釣り>に行こうか?と考えているうち、
帰途についた電車の中で、ハゼではなくて、クチボソでも釣ってみるか!と思い立ち、
ヨシ!、帰宅したらクチボソの仕掛けでも作るか!」。

帰宅後、お酒を飲みながら釣り道具の整理をしていると、
Wife「パパ!、パパ!、子猫が迷い込んできた!」と騒いでる。
「子猫??」と言いながら外に出てみると、、、
2匹の生後2ヶ月ぐらいの子猫が寄り添っているではないか!。

猫好きなWifeが「お母さん猫とはぐれたのかしら?」と近寄って行き、
2匹でチョコチョコと逃げ回っている子猫を猫嫌いの僕が手を伸ばすと、
なんと、ビックリ!
そのまま捕まえてしまった!
(んなアホな!。こんな簡単に捕まえれたよ)

「捕まえたよ。もう1匹捕まえるから持ってて!」と子猫を渡すと、
何を思ったのか?、Wifeは猫を上手く抱けずに子猫は飛んで逃げてしまった!
「本当に猫好きなのかよ?、ったく!」と心で思ったけれど、大人の僕は口には出さずに
「あ〜、仕方ないなぁ!」と、次の子猫を捕まえようと庭先の角に追い込んで掴んだ途端、、

ガブリ!

「小さいくせに痛いじゃない!」と子猫を抱き寄せてWifeに渡した。
今度は上手く抱けた様で、捕らえられた子猫はWifeの腕の中でジッとしている。
Wife「エライ!、この子、暴れないよ!」

その後、逃げた子猫は、まだ回りをクルクルと逃げ回っていたので、
Wifeと2人で追い込んではみたが、不覚にも外の下水道に入って行き、
とうとう手が出せなくなってしまい、
明け方近くまで出てくるのを待ったんだけど、とうとうどこかへ行ってしまった。
<プヨ!です。おかげで、次の日は寝不足状態でした>

この梅雨空で、母猫とはぐれたのだろう!とWifeと話しながら、
兎に角、捕らえた子猫をシャンプーで洗ってみたら、ガリガリ状態。
まぁ、掴んだ時に解ってはいたが、ちょっと痩せすぎ。

そりゃぁ、そうだよね。
食べるモノも食べずに2ヶ月生きてきたんだろうね!。
そうなると逃げた子猫が気になってしかたがない。

Wifeが5回ほどシャンプーで洗い(ノミがウジャウジャいたので!)
爪を切って、まずはワンコ達が飲んでいた粉ミルクをあげてみた。
(ひょっとして、まだ母猫からミルクをもらっていたかも?とWifeが言うので!)
hdr_00703_0.jpg
可哀想に眼から涙が止まらずに、涙焼けして毛が抜けている。
Wife「野良だから病気を持ってるかも?、明日、動物病院で病気検査してもらってくるね!」
「あらら、ミルク飲まないね!」
Wife「ストローであげないと飲まないかも?」とストローを用意。
「さっき、この子は<女の子>って言ったけど、本当に女の子なの?」
Wife「猫はわかりにくいんだけど、多分、女の子だよ」
「前回、保護した猫さぁ、タマタマないから女の子だと思ってアンジェリーナ・ジョリーって名前付けたじゃん。数ヶ月したらタマタマが出てきて男の子になったからブラピって名前変えたらブラピって呼んでも来なかったから、今度は失敗したくないんだよね!」
Wife「あっ、少しづつ飲んでくれてる」
「だから、女の子だったら、やっぱり、アンジーって名前にしたいんだよね」
Wife「この子、野良なのにシャンプーも嫌がらないし、爪切りも嫌がらなかったし、私の膝の上で少しずつミルクも飲んでるし、野良じゃないみたい!」
<まぁ、毎回だけど、話がまったくかみ合わないWifeと僕>
hdr_00701_0.jpg
Wifeがストローを管にして、少しずつミルクをあげてると飲みだした!。
「アンジーは、泣かないしエライね」
<話をかみ合わせるのに必死な僕>
Wife「あら、またアンジーにするの?」
「うん。正式名はアンジェリーナ・ジョリーで、呼び名はアンジーにしたいんだ」
Wife「里親が見つかるまでの間だから、名前なんて付けない方がイイの!」
「えっ?、ウチのファミリーになるんじゃないの?」
Wife「家の中に、どれだけの生き物がいるのよ!。クチャとエクボで手一杯よ!」
hdr_00704_0.jpg
Wife「でも、この子は大人しい子猫ね」
「さっきから、もう1匹の子猫を探してるんだけど水道管から出てこないんだよね。もう戻ってこないのかな?」
hdr_00709_0.jpg
翌日、Wifeが動物病院へ連れて行ったら、
風邪をひいているらしく、抗生物質と風邪薬、目薬をもらってきた。
また、検査をした所、病気にはかかっていなかったようだ。

動物病院の先生曰く、
この子は激痩せで「約400g」しかなく、本来は「900g」あってもおかしくはないらしい。

とにかく、良く食べさせて太らせないと!
ってなことで、パウチの子猫用フードを沢山買ってきたのだ!。
でも、今日、1袋の半分くらいを食べるのが精一杯みたい。

本日、5食目のご飯(小分けしてあげる)らしい
hdr_00715_0.jpg
後方では、クチャオがアンジーのご飯を狙ってます!。
アンジーは、安心するたび?によく食べる様になってきました。
hdr_00718_0.jpg
今日のアンジーは、水を一人で飲みました!。
(なぜ?なのか、解りませんが、Wifeは感激してます)
クチャオはアンジーが大好きで、アンジーの食後は2人で寄り添って寝てました。
(エクボは女の子なのに、アンジーとは距離をおいて監視してます)

memo)
今日はWifeがアンジーのハウスも作ったんだけど、
次回、載せますね。
話は変わって、逃げた子猫がとっても気になります。
今日も雨の中、帰宅時に周りを探したんだけどみあたりません。
どこへ行ったんだろう????。
生きてくれてれば良いんだけど!

マジでビビった!

  • 2014.02.17 Monday
  • 04:09
アップするのを忘れてた!。
先日、Wife方のお墓参りに行った際、、、、
と言っても、しょっちゅう墓参しているんだけどね。

荒れ放題のお墓が結構あるんだよね。
見ていて、なんか可哀想になってしまうのは、僕だけかな?。
副業ではないけれど、退魔行の坊主もやっているので、そう思うのかな?。
そう思って、断りもなく他家のお墓の掃除や供養をするとダメなので、
いかんともしがいたい思いです。
と言いながら、この様なお墓を見ると、いつも何かしらの因縁が僕の肩に乗ってくるので、
ついつい「結界」を張ってしまうのが僕の悪い癖。
CYMERA_20130910_155322.jpg
撤去の立て札を通知されているお墓も多いんだよね。
少子化なので、もう墓守をされる方もいないんだろうなぁ、、、。
と思いながら、またまた「結界」を張ってしまいます。
だって、僕はそんなに強くないから自分で自分を除霊するのって大変だし、
後でゲロゲロと吐くのは辛いんだもん!。
CYMERA_20130911_132541.jpg
おっ!、ニャンコが墓石の上に乗っかってるよぉ!。
仕事柄色んな墓地にしょっちゅう通ってるけど、初めて見たよ!。
こりゃぁ、縁起悪いなぁ!。っと言うより、ここの家、なんか悪いこと有るんじゃないだろうか?

CYMERA_20130911_134936.jpg
それも、クロネコだしね。
でも、可愛い猫だったら、、、と思って近づいて見る事にしたけど、後ろ向いてるし!、
「ニャ〜!、こっちを向いてくださいのぉ!」
CYMERA_20130911_134957.jpg
お、、、白足袋のクロネコかぁ!。
そう言えば、クロネコの白足袋が家に入ってきたら、、、
たしか「その家に不幸が起こる兆し」だと師匠が言っていたような、、
でも、凛々しいクロネコじゃん!。
オスかな?
CYMERA_20130911_135028.jpg
ゲゲェ、、、、、。
片目かよぉ、、、
おまけに「カァーッ」って威嚇してきたし、、、むちゃ怖いやん。
やっぱ、絶対、この家に何かある!
霊に取り付かれる前兆の鳥肌が立ってきたから逃げよう!。
CYMERA_20130911_135016.jpg
本当にこのクロネコ君は怖かったです!。
帰宅して、念の為に自分で自分を除霊しよう!。
マジ、怖かったです!。
 

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM