[正座]という言葉の歴史は浅い!

  • 2018.10.09 Tuesday
  • 02:22

歴史の事となると

ついつい反論したくなる

僕が【家主】の中山手 線です。

 

仏事や法事などでお宅を訪問した際、

僕は、ご出席の皆さんに、

はじめから足は崩してくださいね!

正座はしなくて良いですからね!

とお伝えするんだけれど、

 

おじいちゃんやおばあちゃんは、

足が痛くなる!と言いながら、[正座]に固執する方が多いので、

[正座]は、洋の東西を問わず、

罪人が座る姿勢ですから、僕はおススメしてません!」というと、

でも、[正座]しないとね!、昔の礼儀だから、、」と言う。

 

おばあちゃん!

昔って、いつの時代のこと言ってます?

 

私の爺さんの頃からかね、、、

 

 

明治天皇の頃ぐらいかな??

 

※結局の所、

 では、仏で[正座]している仏像って見たことありますか?

 と聞くと「そんな仏様は見たことない!」

 という事で、いつも納得されるんだけどね(笑)!。

 

さて、話は戻って、

こんなこと言うから僕は嫌がられる坊主なんだけど(笑)!

 

でもね。

意味も知らずに、

ただ昔からの伝統?、しきたりだから!と思いこむのは

間違ってる!

 

そもそも[正座]って、

かなりの昔、

その昔、

ちょっと昔、

 

面倒だ!

実は、時間をずーと遡って

そう!、太古の昔から、この日本国においては

[正座]は、天皇が神に奉拝や礼拝する際に、

神に敬意を表する表れとしての姿勢[座り方]であり、

それが一般化されて「敬意を表する座り方」の基本となったらしい。

でも、一般化されたのは、つい最近の明治維新以降のこと!

 

例えば、

将軍が天皇に拝謁する時の座り方の姿勢[座り方]となり、

そして、大名が将軍に拝謁する時の座り方の姿勢[座り方]となり、

次に、臣下が大名に拝謁する時の座り方へと広まっていった。

 

これは、徳川幕府が[参勤交代制度]を制定し、

その共通礼法として、[小笠原礼法]を採用した時から

全国の藩へと広がっていったものだけど、

 

一般の下級武士や農民、商人は、

卑弥呼時代からの一般的座り方である

[胡坐(あぐら)]や[立膝]で座るのが普通だったのだ!

 

つまり、そもそも明治維新以前は、

[正座]という言葉すら無かったし、

[正座]は、一般的な座り方ではなかった!

 

なぜなら、

まず、[畳]というモノはが、

下級武士や商人、農民たちの家に広がり始めたのは

徳川5代将軍の徳川綱吉[元禄時代]からはじまり、

徳川8代将軍の徳川吉宗[享保時代]で広まったとされているらしい。

でも、これは[江戸(現:東京)]だけの話なので、

全国的に広まったのは、もう少し、遅く、

徳川11代将軍の徳川家斉[寛政時代]だと思う

つまり、幕末間近の江戸末期。

 

そう!

それまでの間、一般家屋は[板の間]だった!

つまり、[板の間]で[正座]なんか痛くてできるわけないし、

一般人が[正座]をしている人を見るのは、

[罪人]だけだったので、

[正座]は[罪人]が座る座り方と認識していたのだ!

 

 

そして、[正座]という言葉は

明治維新により、江戸幕府が倒れた後に、

明治維新政府が作った言葉なのだ!

 

どうして、[正座]を一般化した座り方に制定したのかというと、

皆さんがご存じの通り、

江戸時代、[士農工商]と別けられていた身分制度を[四民平等]とし、

そしてその[四民平等]の証として公布したのが、

 

[正座]だったのだ!

 

つまり、

[士農工商]の身分制度廃止を実証する証として、

武士が農民や商人に対しても

農民が武士や商人に対しても

商人が農民や武士に対しても

 

平等に

 

相手に敬意を表する表れとしての姿勢[座り方]

で対応しなければならなくなった!

ということなのだ。

 

[正座]の歴史は浅い!

 

ホント、いつも思うんだけれど、

仏教(用語や法事作法)のこととか、、、

武道(作法)のこととか、、、

その土地の昔からの言い伝えとか、、、

ず~っと昔からの伝統とか言うけどね。

実のところ、

その[ず~っと昔]っていつからなの?

 

突き詰めていくと、

ほとんどのモノは、江戸時代、、、

それも5代将軍の徳川綱吉からスタートする。

そう、そのほとんどは江戸時代中期なんだよね。

 

言うほど歴史ないじゃん!

 

せめて、安土(桃山)時代

できれば、室町時代

マジ!ホント?の鎌倉時代

それは素晴らしいわぁ!の平安時代

それは無いだろうの奈良時代

有りえないね!の飛鳥時代

ぐらいからの伝統なら納得するんだけどね!

 

 

では、寝ることとする!

来年こそ、禁酒!、もとい、節酒

  • 2014.12.25 Thursday
  • 17:18
再来年の「禁酒」を目的に、とりあえず、来年からの「節酒」を誓いながら、、
年末迫る中、来年の節酒分をここ数日で飲んでしまおうと企んでいる僕が【家主】の中山手 線です。

【クチャオ】
どうしたんでやんすか!
本日の出だしは、動詞ではないんで!!!

【家主】
たまには、そういうこともある。

【クチャオ】
はらまた、皆さんへの年賀状には「来年は禁酒」と書きながら、
いつから「節酒」になったんでやんすかぁ????

【家主】
バカモノ!
千葉の師匠には、「禁酒」と書いても、「毎年かい!」って言われるから、
あえて
節酒」と書いたのだ!

故に、この自然界。
いかに天気予報の精度が100%に近くなったと言えども、
「雨が降る」との予報であっても、「雪が降る」こともあり、
「雪が降る」との予報であっても、「日本ばれぇ~!」ってこともある。
すなわち、こちらで決めても、自然界の出来事には勝てないのだ!

【クチャオ】
?????
親分!。
それは、ただのコジツケとしか思えないんでやんすけど、、、

【家主】
お前だって下痢をしたから「豚ミミを食べない!」と誓っておきながら、
目の前に「豚ミミ」があれば食べてしまうだろう!
家主は、見たのだ!

【クチャオ】
あっ、確かに、、、、、、
そんな事もありやんしたですです。

【家主】
それと同じなのだ!
たとえ、禁酒をすると言っても!、また、誓っても!
この大自然界の流れが許してくれないのである。
これを「色即是空、空即是色」というのだ。
家主の力なんぞ、、、、なんであるよ。

【クチャオ】
つまり、「誓います!」と言っておきながら「やっぱり、守らない!」ということでやんすな。
なんか、どこかの国のどこかの党の議員達と同じでやんす。

【家主】
なにを言う!
「生活の党と山本太郎となかまたち」のようなワケのわからない党名ではなくて、
「再来年の禁酒を誓って、今年は節酒を頑張ろう会」と言う会を立ち上げただけなのだ!。

やる気はある!

【クチャオ】
やっぱり、あきれやんした。
もう、どうでも良いでやんすが、
今日は、何を言いたいんで、、、?

【家主】
あっ、忘れてしまったが、、、、、
では、一句
我妻も、笑顔で上手、生き上手

【クチャオ】

ウマい!

あっ、、、、
違いますって!
スタートの言葉からズレていると思いやんすが、、、、

【家主】
ヨシ!、わかった!
これでどうだいぃ!、

酒を断つ、断つとタツから、あれもタツ!

どうだ!

わっ、はっはっ、、、、

歳に関わらず、まだまだ、タツぞ!

【クチャオ】
完全に終わっておりますでやんすな!
では、アッシが一句
飲んだ今、潰れて明日の、友消えて
では、次に、、、、
飲んで今、潰れて我が家の、妻消えて
そして、
飲んだ後、潰れた明日で、ご臨終
どうでやんすか?

あっ、酔って寝てるでやんすな、、、。

やめたぁ〜でやんす!

親分のことなら簡単に百句ぐらいでてきますでやんすが、
バカらしくなってきたでやんす!

寝てて、どうせ聞こえないでやんすから本音言いますが、
親分って、やっぱり、バカですなぁ〜。
親分みたいなバカと付き合わなければならない、、、
アッシは、大変でやんすよ!。

聞こえてないでやんしょ!

お馬鹿な親分!

生まれ変わったら、絶対にアッシが飼い主でやんす!
では、寝ることとしやんす!

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM